FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

ケンタッキーノッチ 

2018/07/18
Wed. 23:17

ノッチが久しぶりに大量の画像や動画をSNSに載せていた。

彼女は高校生の時に1年間ケンタッキーのルイビルで暮らしていた。
ホストファミリーがとても優しかったそうで、帰国してから今までだいたい10年の間連絡を絶やさないで過ぎてきたようだ。
オヤジに似ているところがあって、何かにつけてすぐにめんどくさがったり飽きたりするノッチが、いまだに付き合いを継続しているというだけでも、ルイビルでの1年間で良い思い出をいっぱいつくることが出来たのだろう。
親としては、多感で面倒臭い時期のノッチを上手に育ててくれたことだと、とてもありがたく思っている。
フロリダでの暮らしもそろそろあと僅かとなって、帰国する前に休みをとってルイビルのホストファミリーを訪ねたり、高校の時の友達と逢ったりして楽しく過ごしたようだ。

石見銀山は、西日本大被害の大雨が去った後、連日猛暑が続いて吉田家のエアコンや扇風機がフル稼働している。
ロフトのような荷物置き場も兼ねた二階の部屋は、昔、子供たちの部屋で使っていた。
ワイフと二人暮らしになってから、夜になると音楽や映画でうるさくするので「2階が空いてるんだからあなたはキーポンのベッドで寝なさい!」と1階から追い出されて家庭内別居を続けていたのだが、さすがにエアコンも無い蒸し風呂のような熱帯夜が延々と続くと、それに耐えられなくて今はリビングの片隅にあるワイフの憩いの場になっていたソファーベッドを使わせてもらっている。
エアコンは、そのリビングから続きのキッチンへ向かって1機と、ワイフが寝室にしている昔ボクの工房むうあ事務所を兼ねた書斎だった四畳半に1機ある。
万善寺の世代交代の引き継ぎからあとは、書斎のデスクワークも少しずつ寺の方へ移動させて四畳半を寝室に使うようになった。それでしばらくはワイフと仲良く四畳半で寝ていたのだが、キーポンが時々帰省すると無理やり夫婦の寝室へ侵入して川の字で寝たりするものだから、オヤジはしだいに寝づらくなって、その頃から少しずつ吉田家のボクの居場所が狭まって今に至っている。

かれこれ3週間位前のことになるだろうか・・・暑くなる前に2機のエアコンを一度丁寧にクリーニングしておいたほうが良いだろうと、電気屋さんに依頼した。
そのクリーニングの日が決まったので朝の草刈りを早めに切り上げてシャワーで汗を流して業者さんを待った。
お昼少し前にクリーニング道具を一式抱えて業者さんが来た。興味津々で人間を恐れないクロが作業の間中オジサンの足元でウロウロして困らせたが、だいたい1時間少々で作業が終了した。
「フィルターに結構ホコリが溜まっていましたが、他は特に故障の原因になるようなことはありませんでしたので・・」と報告を受けた。まだ、四畳半が事務所でフル稼働していた頃から寝室に変わった今までフィルターの掃除などしたこともなかった。
今はワイフとネコチャンズの寝室だが、これで少しは快適に夏を過ごせるだろう・・・

IMG_0854.jpg
IMG_0856.jpg
IMG_0858_201807221718476b0.jpg
IMG_0857.jpg
IMG_0861.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2018-07