FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

日々是好日 

2018/08/01
Wed. 23:16

「先生開業するのよ。次の検診予約入れといた・・」
(先生)とは、ワイフの主治医ドクターのこと・・・
定期検診の帰りに、助手席のワイフからその話を聞いた。
私は、ワイフの通院が決まった最初の時にそのドクターと逢ったはずだと思うが、よく覚えていない。その時の印象は、見た目はまだ若そうで笑顔がやり手の感じの美人だった。どうでも良いことだが、どうも自分には苦手なタイプで、そういう事もあってワイフの送迎要因としては「じゃぁ、終わったら電話するね・・」と病院玄関前で別れて終わり!・・が習慣付いた。
定期通院と云っても数週間に1度巡ってくる程度で、前住職の憲正さんへ付き合っていた時のことを思うと、比べ物にならないほど楽だ。

「エライわよねぇ~・・、先生やって、手術もやって、子供産んで育てて・・・ご主人にはまだあと10年位は大学病院で働いてもらうんだって・・」
ワイフはしきりに感心している。
そのドクターを信頼していることでもあるのだろうから、それはそれで安心できて良い・・・と思いながら、別のことを考えていた。
「島根を代表する女流彫刻家のワイフだってドクターに負けないほど立派だ!」と・・・
学生時代から1年もリタイアすること無く今まで40年間彫刻を造り続け、ぐうたらな亭主のワガママに付き合いながら子供を4人産んで育てて、子育てが一段落すると時間講師を引き受けて地域の行事に積極的に参加し、幾つかの役職を掛け持ちしながら民生委員もこなし、年に数回は寺の内室で住職に付き合ってくれてもいる。
なかなか普通に出来ることではない。

チョット気になるタイトルの映画が完成した・・・「日々是好日」
「にちにちこれこうじつ」と読むらしい。
樹木希林が出るから気になっていた。それに、あの黒木華さんが主演で多部ちゃんも出る。監督は大森立嗣さん・・・ボクのスキなまほろ駅前多田便利軒の映画監督です。

日々是好日とは・・・禅語の一つで有名だけど、坊主だったら宗派を超えて誰でも知っている名言で、万善寺の庫裏へも私が生まれる前から薄汚れた横書きの額が掛かっている。
出典は雲門禅師さまの言葉。
私は「ひびこれこうじつ」と読んでいるが、読みなど別にどちらでも良いことで、大事なのはその解釈。ヒマな人は言葉の真意をググってみてください。
映画の原作は森下典子さんのエッセイらしいが、まだ読んでいない。
圓悟禅師さまの禅語「年々好 日々好」もほぼ同じ意味のことであると思う。
いずれにしても、意味は知っていても自分で普通に出来ていられることではない。

打算や代償でコトが動き一喜一憂の時代には、坊主であってもなかなか素直に理解して普通に実践できることでない。
最近日本映画が面白い。秋の公開が楽しみだ。

IMG_3258.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2018-08