FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

ボクはおとうさん 

2019/06/26
Wed. 17:46

このところ万善寺業務が続いて流石に疲れがとれないし右腕のシビレがひどくなる一方だったから、単身赴任を切り上げて吉田家帰った。
駐車場で銀くんを降りると、土間の格子戸の向こうでクロが甘ったるい声で鳴きながら出迎えてくれた。

ワイフは台所でなにかしていて、シロは猫タワーでのんびりとくつろいでいた。
グッピーの家族も劣悪な環境にもめげないで小さな子供がいっぱい生まれていた。
テーブルには読みかけの新聞が広げられていて、そのとなりに飲みかけのコーヒーカップが置いてある。
テレビがリビングに向かって一人でしゃべり続けている。
寺暮らしでは新聞もないしテレビも見ないから、久しぶりに吉田家の日常へ引き戻された感じだ。

しばらく前に吉田家のファミリーLINEで「父の日」ネタが飛び交っていた。
そもそも、父である自分自身がいつが「父の日」だったのか分からないでいるくらいだから、三姉妹を中心にしてお父さんをネタにしてもらえるだけでありがたいことだ。
まだ入院中だったときに「キーちゃんと一緒に探して、これに決めたの。お店のオリジナルよ!」と、退院したらこれをかぶれとキーポンからの父の日プレゼントを東京帰りのワイフが手渡ししてくれていた。そのハンチングはけっこう派手で目立つ柄に見えたから、病院内でかぶるのは少し勇気がいると思ったが、それからしばらくして退院してから後は普通に朝夕の通勤坊主で愛用させてもらっている。そのハンチングと首に巻いた装具のスタイルはかなりのインパクトがあるようで、銀山街道の拡張工事で片側通行の信号待ちをしていたりすると、すれ違う車のドライバーがよく二度見している。
ノッチは正確に当日のLINEで感謝をしてくれた。おとうさんとしては特にこれといってノッチになにかしているわけでもないからどこかしら恥ずかしくもあったが素直に嬉しかった。
それからずいぶん日が経って、なっちゃんがユーシン君の写真を送ってくれた。彼女は子育ての忙しさで父の日のことをコロッと忘れていたようだ。
いずれにしても、おとうさんとしては、自分の娘達の気遣いが素直に嬉しい。みんな立派に育ってくれた。
じゅんくんは家族LINEに何か書いていただろうか?・・・どうもはっきりと思い出せない。まぁ自分も、母の日はワイフが気を利かせてくれた花をあげたりしてそれなりに母親のケアはしていた気もするが、父の日に改まって父親へなにかしたような覚えもないし、男はそのくらいで良い気もする。
そうそう「私はあなたの子供じゃないからネ!」と、ワイフは例の調子で知らんふりをしていたが、それでもさり気なくその日の夕食にボクの好物を揃えてくれていたりして、ジワリと嬉しかったりする。

こうして、1日中自宅から一歩も外へ出ないで過ごしたことは退院した次の日以来だと思う。つくづく無理のできない身体になったものだと今更ながらに感じた。

IMG_0046_201906261739583b5.jpg
IMG_0078 (1)
IMG_3848_2019062617400560e.jpg
IMG_0048_201906261740071cf.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2019-06