FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

風が強い 

2019/09/07
Sat. 09:59

風が強いのは台風のせいかもしれない・・

万善寺の庫裏は昔ながらの木枠製ガラス窓がそのまま雨戸兼用で使われている。それで、少し強い風が吹くと、それはそれは騒々しく彼方此方が賑やかになって、ソレになれないと夜も気になって寝不足になってしまう。
小さい頃は特に気にもしないでいたが、半世紀の間で密閉度の高い丈夫で静かなアルミサッシへ慣れてしまうと、昼のうちはなんとか過ぎてしまうが夜になると周囲のノイズが耳についてなかなか寝られない。
昨夜も夜中にオシッコで目が覚めてから、風の音(というよりガラス戸の音・・)が耳について眠れなくなったものだから、iPad miniのKindleを開いて「村上さんのところ」の続きを読みはじめた。しばらくするとそのうち眠くなるだろうと思っていたが、Kindleを閉じるとまた風の音が耳について目が冴えてくるし、結局眠れたのかどうなのかよくわからないうちに夜が明けた。

寺で暮らすときはだいたい似たような朝の用事を繰り返している。
本堂では太鼓をたたきながら般若心経などのお経を読む。
夏の猛暑が落ち着いた頃から秋雨前線や台風の影響で、湿度の高い日が続いていた。
そういう時は太鼓の革が伸び切ってポコポコと頼りなくたるんだ音になる。
明治後期の十九世代に万善寺什器として新調と記帳されているから、だいたい100年以上打ち続けていて、その長い歴史の間に数え切れないほどの伸び縮を繰り返しながら酷使されていることになる。
つい昨日までなんともだらしなくブヨブヨとして破れ太鼓のような音が続いていたし、お参りもなくてだれも太鼓を聞くこともないから少し加減して打ち続けていた。
今朝もその流れて一打ち叩いてみると、それまでのくたびれた音が見違えるように締まって、歯切れが良い。
先代住職の憲正さんは在職60年の間、コレでもかと云うほど力任せにガンガン叩き続けていたから、場所によっては何時破れてもおかしくないほど薄く消耗していることだろうし、少なくとも自分が在職中は大事にしなければいけない万善寺の歴史でもある。
久しぶりに太鼓らしい太鼓の音がして、気持ちよくお経が読めた。

朝の用事を一通りすませて、朝食代わりでにコップ一杯の野菜ジュースに、今朝は冷やしたそば茶。それに熱々のスープを飲みながらコーヒーを入れた。なっちゃんからのプレゼントで重宝しているネルドリップがくたびれてきた。深煎りのマメはアブラが多いからすぐにネルが目詰まりする。少々寝不足ではあるが、まぁまぁ、平和だ・・・

寺関係の提出書類作成や、継続中の七日つとめに、月が変わって初月忌も巡ってきたものだから、9月に入って1週間ほど寺暮らしが続いている。
お盆月も過ぎて、夏野菜などのお供えも耐えたから、近所のスーパーで広告の品を目当てに缶詰など日持ちのするものを中心に買い出しをした。あとしばらくは法事で頂いた冷凍庫のお餅や赤飯とか本堂から御下がりの素麺で食いつなぐ。

IMG_0303_20190907095703c59.jpg
IMG_0305.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2019-09