FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

暑い秋 

2019/09/09
Mon. 16:51

歳のせいかもしれないが・・・今の時期になって気温30℃越えはキツイ・・
またも、寺の用事ができて早朝に吉田家を出発した。
途中、銀山街道の九日市にある温度計は午前八時前なのに、すでに32℃の2の字が1の字と交互にピコピコ点滅していた。

寺関係の書類を提出して一心地ついたので、いつもの材料屋さんのいつもの担当のOくんへダイレクト電話をしてみたら「9時位には工場へ行けますがどうですか?」と返事が帰った。そういえば、先週末の話では、金曜日に材料が入ったら「夕方にはお持ちできますが・・」というようなことになっていた。結局その日は件の寺の書類と格闘していて材料を受け取ることが出来ない旨の電話を入れておいたのをOくんは覚えていて気にしてくれていたようだ。土日の2日間が無駄になって週が変わってすぐのことだから、仕切り直しになった材料の納入を急がせてしまったふうになって少々心が傷んだが、また寺のことで無理を言うことになってしまった。
「10時にはなんとか工場へ行けそうなんだけど・・」
「ハイ、良いですよ、じゃぁその頃に待ってます!」
これでひとまずこれで鉄板も揃ったし、まだ頭の中でモヤモヤしているかたちを整理して早く制作にとりかかれるようにしなければいけない。

今年は制作のペースがかなり落ちている。
春先からの入院などがあったから仕方のないことだが、こういう時に気をつけなければいけないのは、無駄にかたちをこねくり回しすぎてしまうことだ。
実材に取り掛かる前の時間が長すぎると考えなくても良い余計なことを考えすぎてしまって、結局本当に大事なかたちの骨格が曖昧に崩れてしまうからだ。
今まで、何度もソレで失敗した。
私の場合、幾つかの仕事や用事が重なって少々気ぜわしく制作の余裕が無いくらいのほうが造形のシンプルを集中して追求できているような気がする。
もっとも、そういうことも自分で勝手に「ソレが良いのだ!」と思い込んでいるだけかもしれなくて、吉田彫刻に対しての周囲の評価判断はまた全然別のところにあったりするものだから、世間の客観的な評価基準とはかなり距離が離れているのかもしれない。
まぁ、それでも失敗成功含めて「自分が納得していられればそれで良いや・・・」と、そういうふうに割り切ってしまえる歳になった。

待ち合わせの時間を少し遅刻して工場へ到着したら、すでに材料を載せたトラックが工場前で待機していた。恐縮しながら鉄板を下ろして、それからすぐに制作へとりかかれるよう、道具を動かすなどして工場を整頓しておいた。
整形外科の薬が無くなったので工場から病院へ直行して診察を受けて寺へ引き返したら、九日市の温度計が37℃まで上昇していた。
台風が関東を直撃してアチコチに大きな被害が出た。首都圏の災害は想像以上に人々の混乱を誘発している。秋の六本木の展覧会はよく会期中に台風が通過する。強風で野外設置の彫刻が倒れたりしないような工夫をすることも制作上の大事なポイントだ。

IMG_0240_20190909164727ff8.jpg

[edit]

CM: 1
TB: 0

page top

2019-09