FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

休日 

2019/09/15
Sun. 09:13

「謎の4連休なの!」
保育士をしているキーポンが電話でそう言っていた。
シフトのある仕事をしている人達はみんなそうやって休日が用意されているのだろうけど、そういう仕事に縁のないボクは世間で云うところの「休日」という感覚が具体的にイメージできない。

ノッチは週休2日の会社へ勤務するようになってあと少しで1年になる。
彼女のSNSを時々チェックすると、休日に併せてアチコチ国内旅行をしているようで、ある時は沖縄の海にいたり、ある時は横須賀の港へいたり、つい先頃は大坂にいた。
休日を有効に使って、なかなかアクティブに暮らしているようだ。

只今育児休暇中のなっちゃんは、ほぼ連日のようにワイフや私を目指して「ヒマデン」をしてユーシンくんの成長を報告してくれていて、少し前には寝返りが出来るようになったユーシンくんを動画で知らせてくれた。
彼女にとって育児ノイローゼとは無縁の育児休暇を満喫して毎日忙しくしている。

先日はじゅん君の誕生日だった。
昨年は1日前にフライングをしてしまって「ボクの誕生日明日だよ!」と、まだ海士町で暮らしていた彼から珍しくダメ出しの電話が来たから、今年はそういう失敗をしないようにドキドキしながら誕生日当日の朝を待っていた。
午前0時を少し過ぎるまでアメリカドラマを見ながら過ごして、日が変わったところで「お誕生日おめでとう!」とSNSを送っておいた。朝になってLINE電話もしてみたが相変わらず無反応のままで1日が過ぎた。
受話器マークを数えたら軽く10個以上返信のないまま溜まっていて、オヤジからの電話には全く出てくれていない。何か着信拒否されているようでちょっと寂しいと思っていたら、夜になって「調子は相変わらず良くないです・・・まぁこんなもんだと思ってがんばります・・」と文字の返信が届いた。
自分の誕生日で浮かれている余裕など無い様子だ。数年ぶりに本土へ帰ってきた地方公務員の彼にとって、休日らしい休日とは無縁の暮らしが続いているようだ。
言いたかないけど、島根の学校教育はブラック極まりない。こういうベーシックなところから教育システムを見直していかないと日本の教育はそのうちとんでもない方向へネジ曲がってしまいそうで不安になってしまう。

9月も2週目に入ったところで、少しずつ生活の拠点を万善寺から吉田家へ移した。それで少しはワイフとの会話も増えるかと思っていたが、彼女の方は前にも増して土日祭日関係なく朝早くから忙しくしていて、日中はほとんど自宅を留守にしている。昨日も昼は敬老会のお世話をし、夕方からフリースクールのお手伝いで出かけて夜遅くに帰ってきた。

まぁ、そうやって吉田家を見渡してみると、一見「休日」とは無関係に暮らしているボクが一番ヒマにたくさん休日を消化し続けているようだ。

IMG_0050.jpg
IMG_1010_20190915091222d27.jpg
IMG_0293.jpg
IMG_0321.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2019-09