FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

共同搬入 

2019/10/15
Tue. 23:16

台風19号が東日本一帯へ大きな被害の爪痕を残して去っていった。
島根県はおおむね台風被害の少ないところで、災害と云うと梅雨に絡んだ豪雨とか冬の大寒波豪雪の方が多くて怖い。
この度の19号も直接の被害は受けなかったが、それでも強風がかなり吹き荒れて山陰道の通行を躊躇するくらいだったし、主要街道から少し脇道へそれると、倒木があったり土砂が側溝を塞いでいたりしていたから、今回の台風は日本列島をすっぽり覆うくらいの超大型だったということを我が身で実感した。

その台風が関東へ上陸すると予報されていた10月12日は、埼玉暮らしのなっちゃんが長男のユーシンくんと一緒に帰省中のだいたい半分くらい過ぎたあたりで、旦那が飛行機移動で吉田家へ合流することになっていた。
私の方は、朝から超大型台風の暴風の中を銀くんで移動している最中で「これじゃぁ〜飛行機は飛ばないな・・・」と、普通に確信した。
前日までは、台風情報をチェックしながら万善寺の境内地を中心にいつ終わるか予測不能の秋の草刈りに汗を流していた。その頃からそろそろ風が強くなっていて、時々吹く突風に刈った草が舞い上がっていたりしていたから、シャワーを使ったあと、寺の周囲で風で飛んでいってしまいそうなものの養生をすませてはおいたのだが、まさか関東を通過する台風の勢力が島根県の万善寺の方まで及ぶこともないだろうと軽く考えていたものだから、日本海から吹き付ける北風に煽られてフラフラしながら山陰道を走っていると、寺のことが心配になってどうも落ち着かないまま半日過ぎた。
午前中の用事を済ませて吉田家へ帰宅すると、なっちゃんは強風の吹く中、久しぶりに旧友へ逢うといって何処かへ出かけていた。
遅めの昼食をとりながら寺のことが心配だとワイフへ話したら「今更どうしょうもないじゃない。なるようにしかならないわよ」と、軽く冷静にあしらわれた。
無理して外へ出て何かあってもバカらしいし、ワイフの云うこともモットモだし、そのまま土曜日の午後を休息にした。
案の定、羽田や成田がらみの飛行機はほぼ全便欠航したようだし、地上の交通機関も運休を決めたようだった。

10月に入ってすぐ、六本木で開催される秋の展覧会へ向けて彫刻の搬入をすませた。
島根在住の彫刻家を中心に、吉田家の二人分も含めて5人分の彫刻を共同搬入した。
もう25年位は一緒に制作して搬入出を続けている周藤さんは今年も力作を持ってきた。
子育てが落ち着いて制作活動を再開したノリちゃんも、この2・3年前から制作に欲が出て来たようで、年々彫刻が面白くなってきた。
いろいろな事情で個人出品の苦労をしていた四国の作家も今年は共同搬入へ合流した。
吉田家は、ワイフもボクも相変わらず幾つかのドタバタを乗り越えて、まぁ、それなりの彫刻に仕立てて共同搬入の頭数に加わった。
毎年ダレカがナニカのコトで一波乱ある共同搬入も今年は何時になく穏やかに過ぎた。
台風の直後には六本木の陳列展示作業がある。コチラも穏やかに何もなければいいけど・・・その前に、台風直後で島根から無事に上京できるか、それが心配だ。

IMG_6891.jpg
IMG_6905 (1)

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ブログ再開 

2019/10/14
Mon. 11:11

飯南高原の朝は気温13℃・・・
つい先日は、10月になったばかりで30℃を越えた日もあったのに一気に秋が深まった。

ブログから遠ざかってもう1ヶ月になる。
その間、ネタの写真が溜まりすぎてラップトップのディスプレイが収集つかないほどに散らかってしまった。
そんなわけで、ちょっと本気になって写真の整理も兼ねてブログ再開を決めた。

実は、皆さんご存知のように、現在身体の右側を中心に首筋から肩を通って指先までの痺れが続いている。
ボク自身の不摂生と不養生でこの10年近くの間にジワジワと頚椎の不具合が進み、やがて神経を圧迫するようになって、彫刻の制作中にある日突然右手の握力がスッと消えて無くなってスプリングクランプを握ることができなくなった。
さすがにそのまま放置してしまうと彫刻が造れなくなってしまうことになるから病院嫌いを断念して近所の整形外科へ駆け込んだのが昨年の年の瀬のこと。
ドクターの問診に症状を説明したら、なぜか首と腰のレントゲンを撮ることになった。
具合がわるいのは右の腕から指先までのことなのに「どぉ〜して首と腰なのかなぁ〜〜?」とよくわからないままレントゲン撮影をしてしばらく待っていると、二回目に診察室へ呼び出された時には、現像を終わった首と腰の骨がバックライトに照らされていた。
「このままだと、そのうち立てなくなりますよ・・・腰はもう少し持ちそうだけど、首はもう限界を越えてますね。手術するしかないでしょう!ここでは無理だから、手術のできる病院へ紹介状を書きますね。それでいいですか?出来るだけ早くそちらへ行って検査してもらってください・・・よく、こんなになるまで我慢できましたね・・」
「そぉ〜ですかぁ〜〜・・・今はチョット忙しくて・・・」
「検査だけでも急いだほうが良いですよ。年内が無理なら年が明けたらすぐに詳しく見てもらったほうが良いですよ。いずれにしても、手術は避けられないでしょう・・・」
「それじゃぁ〜、正月が落ち着いたら行ってみます・・・」
・・・とまぁ、そんなヤリトリがあって、春に入院して平成から令和に元号が変わるのを病院で過ごした。

手術しても痺れはとれないと言われていたから、ソレはそれとして気持ちの中ではゴクリと飲み込んでいるが、なかなか身体のほうが上手く慣れなくて、夜中になると首筋からの痛みが気になって眠れなくなるものだから、何回目かの通院の時にソレを言ったら「じゃぁ〜この薬を出しておきますね。飲み終わって無くなってもまだ痛くて眠れないようなら近所の病院で処方してもらってください」と60日分もらって帰った。
ソレがそろそろ無くなりかけているのだが、その薬を飲み始めたら、夕食が終わって夜の早いうちからすぐに眠くなって、調子の良い時は朝の4時位までグッスリと眠れるようになった。
ようするに、このブログを書く時間を削って爆睡しているわけであります・・・

IMG_0357_20191014110822f0c.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2019-10