FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

鉄の抽象彫刻 

2019/11/26
Tue. 16:57

石見銀山で小品彫刻展が始まる時、岡山の小林さんが個人搬入で万成石の彫刻を持ってきてくれた。
彼はしばらくの間島根の奥出雲町へ仕事に来ていて、その頃は比較的頻繁に会っていたのだが、その後仕事が一区切りついて岡山へ引き上げてからは疎遠が続いていた。
奥出雲町には「鉄の彫刻美術館」があって、彼はその美術館の館長をしていたこともある。その縁で昨年まで小品彫刻展を奥出雲町で開催していたのだが、今年の開催は会場の都合が上手く調整できなくて奥出雲を休むことになったから、余計に彼と会う機会が減っていたところだった。
鉄の彫刻美術館でメインの彫刻は、生前アメリカで活躍をしていた下田さんの鉄の彫刻で、だいたい50点くらいは収蔵されていると思う。
私も公的には「鉄の彫刻家」などと大口を叩いているが、下田さんの彫刻のように鉄という素材へ正面から向き合った骨太のモニュメンタルな幾何彫刻とは比べ物にならないほどチャチで軽々しい鉄彫刻ばかり造っていて、恥ずかしいことだ・・・

久しぶりに小林さんの元気そうな顔を見たことで、下田さんの彫刻のことを思い出したし、下田さんの鉄の彫刻からこれまた久しぶりにアンソニー・カロを思い出した。
カロは、ボクの大好きな彫刻家ヘンリー・ムーアの弟子と言って良いかも知れないし、それで、ほとんど忘却の彼方に消え去って雲散霧消だった35年位のボクの彫刻家人生のカケラが少しずつ寄せ集まって一気に造形の刺激が鮮明に蘇った。
勝手で個人的な解釈になるが、彫刻界でのカロはモダニズム活動の先駆者であると言って良いのではないかと思っている。彼の造形表現の根幹は師匠であるヘンリー・ムーアが展開した環境彫刻をよりミニマルな造形へ昇華したものだと思う。
もう、25年位は前のことになるはずだが、東京の現代美術館でカロの彫刻を間近に見た時は造形に対しての的確な構成力とスケールの前に自分の稚拙な表現形態が一気に崩れ引き込まれたことをよく覚えている。そして、上野公園や東京都立美術館で見たヘンリー・ムーアの彫刻以上に抽象性の強い無機的な彼の彫刻が周辺のあらゆる環境に対して冷徹で挑戦的であるように感じた。

今年の小品彫刻展は、徳島を拠点にして鉄を素材に彫刻の制作や発表を続けている武田さんの個展を同時開催した。
吉田の鉄彫刻とは造形上のコンセプトが全く違っていて、一見どちらかといえば、あのカロに近いところに位置する抽象彫刻であるように感じるが、実のところ今までに一度も彫刻表現の根拠についての会話がないから、彼女が何を考えてどのような表現を展開しようとしているのか全く知らないままでいる。鉄という同じ素材と向き合っていても、人それぞれ自分の思うところは同じであることが無いから、それで様々な表現になって様々な造形が出来上がっているわけで、そのことがあるから観ていて楽しめるし、自分への刺激にもなっている・・・ソレはソレで良いのだが、表現の完成度や制作工法のことになると、どうしても造形に対する追求の甘さが目についてしまう。まぁ、それも今後の伸び代が期待できるわけで救いがある。
そこがそろそろ先も見えて老体を鞭打って彫刻と向き合っている吉田と違うところだ・・・

IMG_0485.jpeg
IMG_0489.jpeg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

秋の祭日 

2019/11/24
Sun. 11:59

保賀の山王さんの神事が無事に終わった。
毎年、秋の11月23日が祭日に決まっていて、三年に一回当番が上組へ回ってくる。1週間ほど前から寄り合って交換用のしめ縄を作ったりして準備の用事が続いていた。
万善寺は上組に属しているから、本来なら当然集落のお手伝いをすることになるが、今まで「お寺さんが神事に関わるのはいかがなものか??」という、地域の古老のお考えと「寺は神事に手出し口出しをするべきではない!」という、歴代住職の考えが一つになって、少なくても私が子供の頃から記憶にある限り、地域の氏神様のお祭に万善寺が参加したことはなかった。
寺の住職交代があってから後も、先代夫婦が健在なうちは過去からの伝承を引き継いでいたが、もう大祥忌の法要も過ぎたことだし、そろそろ当代住職の考えで地域とお付き合いしても良いだろうと気持ちを切り替えた。
毎年、神事の時期は小品彫刻展と重なるので会場受付を優先するから当日は欠席することになる。それで、今回は都合をみて山王神社境内の草刈りを引き受けた。
お祭りは、保賀の集落から家族の殆どがにぎやかに参集して宮司さんにお祓いをしてもらう。山王神社での神事が終わったら地域の集会所へ移動して宮司さんを囲ってささやかな酒宴が始まるのだが、私がその酒宴へ合流できたのは今年の当番だった上組の連中だけが残って、あとはみんな解散したあとだった。

もう、100年以上前から山王神社の神事と縁が切れたままになっていた万善寺の立場を自分の代で切り替えたことになる。
堅苦しく思うと現代仏教の宗教家として常識を若干逸脱したことになるかも知れないが、元々の日本仏教は神仏習合に起源するから、自分としては民衆信仰の本来の様式に立ち還っただけの事だと思っている。

そろそろ日が暮れる頃になるまで上組の連中と他愛ない話題を肴に酒宴が続いた。
それほど深酒にもならないで程よく気持ちよくなったところで適当に切り上げた。
途中、お地蔵さんの前でご真言をお唱えして、参道を登っていると尻尾の長い黒猫と出くわした。一瞬お互いの視線が合って、それから猫は勝手知った様子でなんのためらいもなく本堂の階段脇から座の下へ入っていった。その黒猫とはこれで3回ほど接近遭遇している。今のところ寺の本堂や庫裏が黒猫の巡回コースの一部になっているようだ。そのせいだろうか?最近ネズミがいなくなったし庭先で野鳥の姿も見られなくなった。
もう、随分前のことになるが、一時期、本堂の座の下で狸の母子が暮らしていたことがあった。その頃は、毎日決まったように寺の周囲の決まった場所へ3cmほどの小さなウンコが転がっていた。ソレが母狸の縄張りだったのだろう。その狸は子育てが終わると何処かへ去っていって、帰ってくることはなかった。
さて、黒猫の巡回はいつまで続くのだろう・・・

夕暮れの日差しに照らされた満天星が真っ赤に色づいて燃えているようだ。
昔はマメに剪定をしていたが、何年もほったらかしているうちに幹も見事に太って野生になっていた。裏山が年々万善寺へ迫っている。

IMG_0519.jpeg
IMG_0494.jpeg
IMG_0498 (1)

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ボクの想定外 

2019/11/20
Wed. 10:51

寺の用事に少し間ができたので撮りためておいた彫刻小品展の会場写真から手配りを兼ねた三つ折りのチラシをつくった。
だいたいの校正が終わったところで試しに印刷をした。
プリンターが動いている間に通勤坊主の帰り支度をしていたら、西向きの勝手口がオレンジに染まっていた。
まだそんなに遅い時間だと思っていなかったから、夕暮れの状況に慣れるまで少し時間がかかった。
気づかない間に、随分と日が短くなっていた。

石見銀山で小品彫刻の展覧会が始まって1周間が過ぎた。
会場は、北から東にかけて昔ながらの窓ガラスが建てられている。
昼のうちは逆光が少し強くなるが、夕方、陽が沈む頃になると一気に会場の雰囲気が変わって、ほんの20~30分だけのその頃合いがとても好きだ。
それから間もなく周囲が暗くなって、窓ガラスの外は夜の闇になる。ソレもまた昼間とは違って独特の雰囲気が漂う。
展示が終わって展覧会が始まって以来、なかなか会場に常駐することができなくて気になっていたから、少し早めに寺の用事を片付けて彫刻の様子をみておこうと思っていたのだが、夕方の丁度良い頃合いには間に合いそうにない。

65歳の誕生日は病院のベッドで迎えた。
まぁ、ソレも自分の人生としては記念すべき節目になったと思っている。
それにしても、5週間の日常の現実との乖離が、その後の自分の暮らしにここまで大きく影響してくるとは思っていなかった。
自分の彫刻の制作の方は、年間を通じて長期的スケジュールにほぼ大きな変更もなく毎年繰り返されているから、だいたい今の所それほど苦労することもないままいつもと変わらないでいられている。
万善寺の方は、そもそも自分の都合でスケジュールが組み立てられないから、これは一つ一つの現実と具体的に向き合って粛々と乗り切るしかない。
日頃はそれほど大騒ぎするまでもない程度の仏事が五月雨に過ぎていくばかりのことなのだが、なんのめぐり合わせなのだろうか、今年の場合は今までの万善寺がまったく通用しないまでに目まぐるしく様々な出来事が次々と絶え間なくやってくる。

展覧会が始まってすぐの夜更けに、お檀家さんの訃報が入った。
50軒足らずのお檀家さんのことで、今年は既に5軒の葬儀で5つの引導を渡した。こういう事態は、副住職時代を含め自分の坊主家業で経験のない想定外のことで、寺の過去帳を手繰っても、前住職の憲正さん在職の60年でもなかったことだ。元号が平成から令和に変わったという事実と合わせて、これからも鮮明に自分の記憶に残ることだろう。

夕方の万善寺上空は一面いわし雲が広がっていた。明日は雨になるかも知れない。
山王さんの秋の大祭が近い。今年の万善寺住職は山王神社境内の草刈りが当番になった。

2019石見銀山彫刻小品展チラシ
IMG_0508.jpeg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2019-11