FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

不妄念~ふもうねん~ 

2019/12/23
Mon. 23:33

元号が平成から令和に変わろうとする前後の万善寺オリジナルカレンダーは、以前からのデザインを踏襲しつつ、何かしら時代の節目としての痕跡を残しておきたいとも考え始めたら、それで気持ちが乱れてまとまりようがなくなって、ちょうど昨年の今頃は昼となく夜となくジタバタと悩み続けていた。
結果、落ち着いたのが「八大人覚(はちだいにんがく)」だった。

宗門では修行の根本とされているから、ソレを知らない坊主がいたら偽坊主ということになって大騒ぎになるくらいとても大事なことだ。
仏紀2585年はまだ「令和」元号がわからないでいたから、仏紀と西暦だけ記載し、八大人覚の前半4つを4シーズンに分けてカレンダーにした。
周知の如きナンチャッテ坊主は僧堂の修行も適当にヌルイまま済ませてしまったから、こうして改めてお釈迦様や道元様のお言葉に向き合うと、言葉一つの重さや深さにたじろいでしまって、2019年カレンダーはなかなか原稿を完成させることが出来なかった。
今年は、昨年の悩み苦労を回避しつつ後半の4つをまとめて今までより少しほど日程に余裕を持って印刷原稿をつくった。
印刷屋さんも、年末は何時にも増して忙しいだろうに快く引き受けてくれて、クリスマス前後には納品してもらえそうだ。

一つ悩んだのは「不忘念」にするか「不妄念」にするかということ。
勉強中からつい最近までズゥ〜ッと「忘」の字を当てていたのだが、2020年カレンダーを作るにあたって改めておさらいしてみると「妄」の字を当てるという解釈もアリに思えてきはじめた。
筆で書くには「忘」の字がサマになるような気がして、しばらくはそれで練習メモを続けて、最終原稿までもっていった。それから一晩寝て再度見直してみると、やはり「妄」の字のほうが今の自分の心境を言い当てているような気がして、急遽文字を入れ替えることにした。正しいとか間違いとかそういうことではなくて、どちらもそれなりに大事なポイントをもっていることだと自分を納得させて、あとはその時の自分の現状を「妄」の一文字に託したような感じだ。
それで「不妄念」だが、その3文字を借りて今の自分の生きざまを素直に表してみた。
数年前から「Landscape trace 或る日の痕跡」を彫刻のタイトルにしている。
過ぎた失敗は取り返しがつかないから、せめて同じ失敗を繰り返さないようにするしかない。自分への戒めも込めて一つ一つの彫刻を造り残すことが制作の目標になっている。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
不妄念~ふもうねん~
だいたいに人の心は弱いもの
やたらと見栄を張ってみたり・・
根拠のない妄想に取り憑かれたり・・
欲に目がくらんで理性をなくしたり・・
些細なプライドを捨てられなかったり・・
なかなか厄介ないきものなのです

IMG_0623.jpeg
IMG_0630.jpeg
1~3月印刷原稿2020

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2019-12