FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

吉田満寿美小品彫刻完成 

2020/03/19
Thu. 23:30

ワイフの彫刻が完成した。
春彼岸の法要が終わり次第、万善寺でグループ展の彫刻やテーブルなどを梱包して銀くんへ積み込んで東京へ向かう。 

コロナウイルス関連のニュースが絶え間なく聞こえてくる。
東京や大阪など、大都会を中心に患者が日に日に増えている。
島根県から東京までは銀くんで移動になるから人の接触は極力避けることができるが、東京へ到着して搬入陳列から会場の受付まで考えると、公共交通機関を使う回数も増えるし、感染のリスクが高まる。
チキンオヤジは、今のうちから少々ビビっております・・・

今回のグループ展へ出品のワイフの彫刻は、大作のためのマケット的位置づけで制作をしているようだ。
島根県での小品彫刻展や、地元山陰での展覧会へ出品する彫刻は、工法や素材はほぼ同じなのだが形の方向性に少しタイプが違っていて、どちらかといえば具象的色彩の強い彫刻になることが多い。
昔のように、制作の一つ一つでお互いの意見交換をすることもなくなったから、彼女の目指す先に何があるのかよくわからないが、とにかく、私から見ると最近は微妙に細かなところでかたちのまとめ具合に具象を意識していることが増えてきたような気がする。
彼女は、日頃の付き合いの中で時々イラストやポスター原稿を頼まれることがある。そういう時は、とても私には恥ずかしくて描けそうにないほどの可愛らしい絵に仕上げている。知り合ったときから彫刻のことしか観ていなかったから、元々からそういう造形のセンスのようなものを持っていたのかもしれないが、いまだに私には彼女の造形の本質をつかめないでいる。
一見、女性らしい優しくて柔らかい感じの彫刻が多いから小品展の会場では一般の反応が良くて旦那のボクより人気もある。ある意味でキャッチーな彫刻であるとも云え、それはそれで彫刻の大事な要素であるから良いことなのだが、一方で、彫刻のあまりにもの優しさが彫刻の存在の強さを邪魔しているようにも感じてしまう。
自分がそう思うだけのことかもしれないが、やはり彼女にとってはそろそろ少し落ち着いて今までの制作を再度系統立てて客観的に振り返ってみる機会があって良いのかなぁとも思う。もうかれこれ20年くらいは続いている彫刻素材の見直しをしてみるのも良いかもしれない。
彼女は、学生の頃から彫刻を造りはじめてそろそろ40年を過ぎ半世紀近くになろうとしている。彫刻家としての作家歴は私より長いベテランである。
これから、体力は減退に向かい、身体も思うように動かなくなってやがて制作の気力も萎える時が来る。集中力も持続力も続かなくなるかもしれない。
私にも云えることだが、やはり今の時期にもうひと踏ん張り彫刻の造形表現の基本に踏み込んで現状を冷静に把握しておく必要を感じる。年齢相応に知的で思慮深く、奥深い思考の淵を見定め、一人の人が生きた証として、自らの彫刻表現を通して時代や社会に対しての提言になりうるほどの重たい志向の彫刻を準備することも大事なことのように思う。

IMG_0951.jpeg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

安西水丸さんのこと 

2020/03/18
Wed. 23:29

Amazonへ頼んでおいたユーシン君の絵本が届いた。
ハードカバーの折り目を気にしながらページの隙間を開けて覗き込むように試し見した。
安西水丸さんの表現解釈はボクが受けてきた日本の美術教育や受験の実技勉強の世界とはかなり違ったベースから始まっているのではないかと、改めて感じた。

安西水丸さんのことはそんなに詳しく知っているわけではない。
彼をはじめて知ったのはまだ美術の受験勉強を続けていた頃から購読していたキネマ旬報で、映画の一場面などの簡単なイラストと短いエッセイ風の文章が1ページになっている「シネマストリート」というコーナーだった。
確か、それまで読んでいた和田誠さんの「お楽しみはこれからだ」(だったかなぁ〜・・間違っているかも知れない・・)が終わって、それを安西水丸さんが引き継いだかたちで始まったのがシネマストリートだったと思う。
その頃の私は、西洋の透視図法を駆使しながらギリシャ彫刻の石膏モデルを必死になって木炭紙サイズへ写し取っていて「美術の基礎はこれしかないのだ!」とか「このデッサンをマスターしなければ自分の美術表現を認めてもらえないのだ!」とか「受験美術にとって東洋的空間表現は意味を成さないのだ!」とか、そんなふうな今思えばある種盲目的な思い込みと信念を頼りに、狭い世界から抜け出せないまま偉そうなことばかり云って悶々とした毎日を過ごしていた。

和田誠さんのイラストは洗練されていて、簡潔に整理された一本の線に必然性があって単なる似顔絵の領域を越えた素晴らしく完成度の高いもので、受験デッサンの勉強中だった頃の私にとってとても参考になった。エッセイ風の文章も面白くて、キネマ旬報購読の楽しみの一つだった。
ソレがある日気づくと安西水丸さんのコーナーに変わっていた。正直、はじめは拒否反応に近いものがあって全く馴染めなくて、しばらくの間なかなかそのページを受け入れることが出来なかった。それでも、なんとか文章を読んでいるうちに彼独特の極度に主観的な鑑賞感になんとなく親近感を感じるようになって、そうして文章に添えて描かれた速記のようなイラストを見ると、不思議にその映画のその場面の記憶が現実性をましてくる。そして、無性にすぐにでもまたその映画を見直してみたくなってしまう衝動に駆られる・・・気づくと、いつの間にか水丸ワールドの虜になっていた。

自分にはとても安西水丸的感性とか表現は出来ないと思う。ソレだからこそかも知れないが彼の表現感性に一種憧れのようなものを持っている。彼の絵を見ていると「絵を描く」という技法とか手法に頼り流されること無く、現実の具体的な事物が極端に主観的解釈で整理されて簡潔に無駄なくまとめられている・・・と、そういう具合に私は感じる。これは、ある意味で極めて具象的な表現だと思う。その具象表現の裏にデッサン力の誇示とかおごりを全く気づかせないところが凄いと思う。私も、自分の彫刻に彼のような一見気負いのないシンプルな表現が出来たら良いと思うがなかなか難しい。

春彼岸の前日の3月19日は、安西水丸さんの祥月命日になる。

IMG_0860.jpeg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

彼岸間近 

2020/03/17
Tue. 23:20

工場のすぐ前を流れる潮川周辺は菜の花が満開に咲いて黄色の絨毯を敷き詰めたようにきれいだ。
なんとなく、いつもより満開が早い気もして過去の記憶を手繰って思い出そうとしたが、無理だった・・・

銀座のグループ展へ出品予定の彫刻制作も先が見えたし、なっちゃんの新居用に制作中のテーブルも完成の見通しがついたから、気持ちを万善寺の春彼岸へ切り替えた。
今年は初午祭と日程が近かったからお参りがどれだけあるか予測が難しい。
それでも、一応例年と同じように準備はしておこうと思っているのだが、いつもはこの時期まだ寺の境内にたっぷりと雪が残っていて庭掃どころか車も玄関先へ横付けできないほどだから、境内へ雪のかけらもない今年はどうもいつもと勝手が違って準備の都合の整理がつかない。
ワイフへは法要後のお茶会用に20人前ほど何か見繕っておいてもらうようお願いした。

庫裏の観音様の八畳部屋に冬の間ほどドームテントを広げている。
寒い夜は、このテントに潜り込んでiPadのKindleを開いて読書しながら過ごす。
数年前の強力寒波襲来の時に、あまりに寺が寒かったものだから思いついてテントを使ったのがなかなか快適で、それ以来、万善寺の冬は観音様の部屋へテントを常備するようになった。
今年のシーズンは、寺の夜が極端に冷え込むこともなかったのでテントに潜り込むことが殆ど無いままになった。
お彼岸にはお檀家さんがお参りされて、檀信徒会館代わりに使ったり、お茶会の準備で何往復もしたりするところへテントがそのままになっているのもいかがなものかと、これを機会に撤収することにした。
敷布団代わりのクッションマットや毛布をテントから引き出したら、カメムシがポロポロとこぼれ落ちた。殆ど未使用だったシーズン中、カメムシたちの越冬場所になっていたようだ。
久しぶりにしばらく締め切ったままになっていた縁側のガラス戸を開けて外の空気を入れた。それからテントを外に出してひっくり返したりしていたら、本堂の座の下からあのふてぶてしい目つきの黒い野良猫が覗いてこちらの様子を見ていた。

夜は万善寺へ泊まることにした。
なっちゃんの新居へテーブルを搬送することになったので、幾つかのナビアプリでルートを確認した。休憩なしの直行だと約9時間半で到着するようだが、さすがにそれは無理だろう。だいたい16時間位を予定して給油とか仮眠とかの場所をおおよそ決めておいた。
それから思い出してAmazonで安西水丸さんの絵本を3冊ほど注文した。孫のユーシンくんもそろそろ1歳になるし、おじいちゃんからの誕生日プレゼントということで丁度良い機会だ。
それに、安西水丸さんの祥月命日が近い。もうそろそろ七回忌がくる頃のはずだ。あの人のセンスはすごいと思う。

IMG_1923.jpeg


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

直感のレリーフ 

2020/03/16
Mon. 23:24

4月からの展覧会のことで何度かメールのやりとりがあった。
話が少しずつ大きくなってワイフの彫刻も一緒に展示することになった。

お互い、40年近く彫刻制作を続けて、世間では「職業は彫刻家!」であると云ってもおかしくないほどに認知されていると思うが、一方で吉田家の夫婦でもあって家族もあるから二人が同時に彫刻制作をして一定期間同時に発表をするとなると、それなりに家庭内のスケジュールを調整して、どちらかが彫刻の表向きの対応に従事して、どちらかが家庭内の家事全般に従事して、それぞれの過不足を調整して役割分担をしながらなんとか別々に「彫刻家」を乗り切って今に至った。
日常の暮らしを工夫しながらこういう状況を続けていると、なかなか夫婦で二人展をするという気になれない。

私の方は、この近年そろそろ制作や発表も少しずつ絞って「量より質!」に切り替えてもいいかな・・・と思い始めたところだったのだが、その気持を周囲に伝える間もないまま何故か毎年のように個展の依頼が舞い込んできて、今年もソレを受ければ三年連続で新作の制作が続くことになる。
ワイフが半分ほど付き合ってくれて二人展になると展覧会全般の業務も少しは「楽になるかも知れない・・」と一瞬思ったが、今までの経験を思い返して落ち着いて熟考してみると、それはとっても甘い考えだと気づき始めた。
それでイベントの企画を担当しているTくんへ「人手は確保できるの?」と聞いてみると、展示とか会場設営に限っては手配できるから「大丈夫です!」と約束してくれたが会期中の作品管理とか接客受付までは予算に入っていないと言われた。
すでに企画が進んで印刷原稿には吉田家の二人の名前も入っていて、今更辞退できる状態にはないから、このままなんとか乗り切るしかない・・・

工場の方は、彫刻もほぼ出来上がっているし、テーブルは一晩で塗装も乾いて少し先が見えてきた。
搬送の梱包材などを揃えて、あとはドック入りしている銀くんが帰ってくればリヤデッキに積み込むだけにしてから、レリーフの制作に入った。
レリーフは、制作の端材が溜まってくると思いついて一気にかたちへ置き換える。
あらたまって一般にお見せするようなモノでもないのだが、それでもある時は壁の間接照明になったりある時は即席の棚代わりになったりある時は壁専用の本立になったりある時はハンガーフックの用を足してみたりと、気楽に壁の彫刻を楽しんでいる。
今回は、銀座でのグループ展出品を狙っているからチャンとした彫刻としての体裁を整えようと決めて、端材の山から自分の勘が反応したものを幾つか引き出した。
ギャラリーの壁のことを考えて、レリーフの重量を支えるために即席の壁も自作した。
制作は、あくまで自分の直感を信じて、金属の材質やテクスチャを活かして、それに構成の緊張感を抜かないようにしながら仕事の痕跡を残しつつギリギリまで制作の力と手数をを抜いて一気に仕上げた。
ここだけの話だが、かたちは20分くらいで出来上がった。

IMG_0877.jpeg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

春先の日本海 

2020/03/15
Sun. 23:27

なにか思いついてそれなりにいつもより気合を入れてコトを始めようとするとだいたい雨になる。
今度も、彫刻を造りながらテーブルまで造ってソレを一緒になっちゃんの自宅まで陸送しようという、ボクにとってはかなり気合の入ったプロジェクトを決行しようとしているから、いずれそのうち仕事の佳境に入る頃から「雨になるのだろうなぁ〜」と漠然と考えていたら、案の定、雨になった。
それでも、思ったより寒くなくて工場の仕事は楽にはかどったのだが、塗装の段取りが狂って困った。
室内だと、いつもなら換気扇の真下に即席の塗装場を用意するのだが、今は丁度そこへ耐火レンガを積んでコークスの焼鈍し場が出来ている。わざわざそれを解体するのも面倒だし、かといって雨の中外に持ち出して塗装もできないし、彫刻の細かい部分を造りながら考えたあげく、一日の仕事の最後に狭い工場の制作台で塗装をしてそのまま翌日まで換気扇代わりの扇風機を回し続けることに決めた。
ラッカーのスプレー缶2つ半を使って塗装し、天板にはウレタン塗料を缶から直接流して木綿の手ぬぐい一枚を無駄にして塗り拡げた。

次の朝、銀くんを代車と交換することになっているから飯南高原へ急いだ。
「荷物積んで長距離走るんで後ろの空気圧高めでお願い!」
「良いよ、何処まで行くの?」
「東京ー」
「トォ〜キョォ〜〜お!?・・分かった!積載用にしておくわぁ〜」
「オイルも替えておいてくれる?」
「OK!・・まだ2年目だから車検点検そんな時間かからないはずだから・・出来たら、また連絡するわぁ〜」
「よろしく!」
「長距離なら良い腰のサポーターがあるから、それ貸してあげるわぁ〜、使ってみて」
「悪いねぇ〜、そりやぁ〜助かるわぁ〜〜」
そのクッションは、日野のトラックに乗るときに使っているモノで、ビニール製のベンチシートだと長距離は疲れるからメーカー推薦のモノを買っておいたのだそうだ。
「それで、ソレ、仁多で作ってるんだってぇ〜、世間は狭いよな!」
仁多は島根の東部にある町で、数年前まで小品彫刻展を開催していた横田町の隣町になる。仁多のお米は「仁多米」というブランド米にもなって全国へ出荷されている。思わぬところで思わぬ話になって、島根の地図が小さくなって仁多を近くに感じた。

仁多の隣の横田町は奥出雲そばで有名で、私も横田へ行くと蕎麦屋をハシゴして回る。急に蕎麦が食べたくなって、お昼は寺の近所の蕎麦やへ駆け込んで釜揚げとざるを食べた。
前日の雨は夜のうちに上がって昼過ぎにはそれなりに晴れた。大気中の埃や塵を洗いとって気持ちがいいから、工場を過ぎて日本海へ出た。北風が少々強くて沖の岩礁に白波が立っていた。
たぶん、今年はじめての日本海だったと思う。

IMG_0871.jpeg


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ノドグロ 

2020/03/14
Sat. 23:30

強力寒気団が島根県上空まで南下して、水道や電気ガスの万善寺ライフラインが大事になったのは2年前のこと。
その極寒の冬に絶えられなくてついにリタイヤした相棒の結界くんの代わりにやってきたのが今の相棒銀くん。
その銀くんの車検がきた・・・2年がアッという間に過ぎた感じだ。
銀くんが来てからの2年間は暖冬が続いて、今回の冬は雪も殆ど降ることがなかった。
このまま温暖化が進んで雪のない冬が続くとは考えにくいが、それでもこれから先、毎年昔のように雪深い冬が続くとも考えにくい気がしてきた。

同級生のカーディーラーから車検の日程調整があって、週末には代車と交換して銀くんはしばらくドック入りする事になっていた。
「あぁ〜、モシモシ吉田くん?代車がまだ戻らんでチョット予定が狂ったんよ。来週引き取りじゃぁいけんだろぉ〜かぁ〜・・」
わざわざ、工場の仕事を早めに切り上げて代車と交換しようと銀山街道を移動していたらカーディーラーのTくんから電話が入った。向こうの都合だからお彼岸までに銀くんが帰ってくればそれでいいことなので「あぁ〜、いいよ」と返事しながら銀くんの使用スケジュールを大急ぎで修正した。
彫刻を造り終わったらテーブルを一つ造ることにしていて、天板になる材料を銀くんのリアデッキに積まないといけない。車検の後にソレをしようと思っていたのだが、日程的に少し窮屈な気もするし、急きょ材料を積み込んで工場まで搬入した。

テーブルはなっちゃんのリクエストで新居への引っ越し祝いになる。
引っ越しはもう随分前に終わっているが、テーブルの納品というか運搬の都合がなかなかうまく調整できなくて今になった。
造り始めたら一週間もあればなんとか完成するのだが、ソレを島根からなっちゃんの暮らす新居まで業者さんにお願いして送り届けるとなるとその費用がばかにならない。それで色々考えて3月末から始まる銀座のグループ展に合わせて彫刻と一緒にテーブルを銀くんで搬入することにした。
サイズは新居の部屋の都合とか椅子の配置などを考慮して天板が約140cm×90cmで高さが60cmチョットくらいにした。そこまでは良かったのだが、いつも使っている彫刻の制作台がその天板より小さいものだから、とにかく造りにくい。裏表をひっくり返したり溶接したりするたびに、ヨレヨレフラフラになりながら自分の人力を使った。

夕方になってホームセンターへ寄ってテーブル関係の必要なモノを揃えて帰宅すると土間の方から何かの煮付けだろうか?食欲をそそるとても良い匂いが漂ってきた。
「おかえりぃ〜〜!半額だったのよぉ〜!」
煮付けの正体はなかなか立派なノドグロだった。食卓の隅には造りかけのワイフの小品彫刻が片付けてあった。
狭い工場で彫刻制作の合間を縫ってテーブル制作が加わって、かなり濃密な一日になった・・・

IMG_0859.jpeg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

鉄の匂い 

2020/03/13
Fri. 23:09

五月雨に続いていた仏事が少し落ち着いて、春彼岸までまだ間があるので、鉄の工場へ集中することにした。

数年前から温めていた彫刻をかたちにするのも良いと考えているところなのだが、実は、前回の個展から引き継いだテーマでもう少し彫刻の連作を残しておこうと、約10点ばかりほどパーツまで切り出しておいたものが残っていて、まずはソレを彫刻に置き換えて吐き出してしまわないと工場の片隅でいつまでたっても鉄板のままでホコリを被ってしまうことになるから、お彼岸までの一週間は溶接と組み立てに専念することにした。
延々と同じ工程を繰り返しながら続けていればそのうちかたちになって、要所要所を少し集中して丁寧に仕上げていけば、やがて小品の連作が出来上がる。そういう、ある意味惰性に近いような制作を続けることに手慣れていくと、彫刻制作の工夫が自分の身体の動きに染み込んで、段取りに無駄がなくなってくる。
あまり頭で考えすぎないようにしておかないと、一つ一つの工夫につまづいて、いつまでたっても完成が見えないままになってしまうから、このたびのような短期間での制作は効率重視を優先しておくと完成度が下がらないで良い。これは、あくまで自分に限ったことだから一般にこういう考えが通用するかどうか責任持てないことだけど・・・

夕方まで工場にいて銀くんに乗ると、ファンの風に乗ってつなぎの作業着からほのかに血なまぐさい鉄サビの匂いが漂ってくる。換気の悪い埃っぽい工場にこもってだいたい1日中溶接と研磨を繰り返して、ディスクグラインダの砥石を3枚位使い潰しているから仕方のないことだけど、こういう、特に鉄の匂いが体に染み付くような仕事が続くと自宅までのたった5分の移動時間が臭くて絶えられない。最近は少しずつ陽が長くなって雨も降らなければ、車の外でパンツ一つになって用意しておいたジャージへ着替えたりするようにしているが、それでもやはり鉄の匂いが鼻について気になる。

帰るとすぐにシャワーを浴びてさっぱりしてやっと落ち着いた頃を見計らったように近所の知人が吉田家へ来た。
「もう、ご存知かもしれませんが・・・こんど4月から石見銀山町内の端から端までを使ってウォーキングミュージアムのようなイベントを企画しまして・・・そこで、吉田さんにも彫刻で参加してもらえないかと云うことになって・・・・」などと始まった。立ち話も何だから、ちょうど夕食時だし「よかったら上がらない?」と誘ってみると「それじゃぁ、チョット・・・」と、レジュメを取り出して打ち合わせが始まった。
その後、結局ワイフの手料理をつまみに彼も一緒にいつもの麦とホップをシュポッと開けて一杯が始まった。打ち合わせになったのかどうかよくわからないままダラダラと夕食が過ぎて「それじゃぁ、よろしくおねがいします!正式な販促はもう少し煮詰まったところでまたお持ちしますので・・・・」と言いおいて帰っていった。
この企画は、学生時代の同級生で今はデザイン事務所を持っている卓ちゃんが吉田を指名してきたようだ。
そろそろ、身の回りのシガラミを少しずつ整理して身軽になろうと思い始めていたところだったのに、まだもうしばらくは厄介なことが続きそうな様子だ。

IMG_0850_20200323160946c5d.jpeg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

琴引山遠望 

2020/03/12
Thu. 23:50

大練忌の朝、万善寺はマイナスまで冷え込んだ。
前日には法要の準備などをして横になったのが深夜になった。その少し前くらいから冷え込みが厳しくなってきたから、雪になるか放射冷却で空が晴れ上がるかどちらかだろうと思った。目が覚めると庫裏の南側の窓が障子越しに明るくなっていた。布団の中で吐く息が白い。いつもより早めに起きて玄関の鍵を開けて、それから本堂から庫裏までぐるりと一周朝の用事を済ませた。
吉田家からはワイフとじゅん君が怜子さんの大練忌にお参りしてくれる。
トシちゃんたち夫婦は直接遺骨と一緒にお寺へ来てくれる。
法要のお手伝い随喜を隣町同宗ご住職へお願いしておいた。

予定した大練忌差定が粛々と進み、喪主以下ご親族の焼香で無事に全て終了した。
斎の会は、飯南高原の丘陵にある薬膳レストランを予約しておいた。
地産の野菜や島根各所の地物をふんだんに使ったコース料理で満腹になった。
そのレストランは、時々の節目にワイフと食事に出かける。いつだったか「怜子さんにも食べてもらいたいね・・」と二人で話した記憶があるが、結局叶わないまま過ぎた。
万善寺先代夫婦は、まだ彼らが元気な頃に何度か連れてきたことがある。
内室のおかみさんはその日のおまかせコース料理が好きだった。晩年は指の関節が固まっていて箸が思うように使えなくなっていたから、豆などの箸を使いにくい皿のものは直接指で摘んで食べていた。あまり行儀の良いことでないが「美味しく食べてくれたらソレが良い・・・」と、見ないふりをした。

レストランからは琴引山の山稜がよく見える。
植林の中の登山道を一気に登って最初の尾根へ着くと、そこから幾つかの稜線が緩やかにアップダウンを繰り返しながら山頂まで続く。
その山頂は草野球ができるくらいの広い平地で、その端の岩場に御宮が安座されてある。
昔は、その御宮から山頂に広がる平地へ40以上の宿坊があったらしい。宿坊と云っても、仏道修行者が寝起きする程度の掘っ建てのようなものだったと思う。万善寺の起源はその宿坊の一つから始まったようだ。
琴引山の麓である飯南高原一帯は、戦国時代毛利と尼子の領地争奪の激戦地だった。戦国の武将たちは戦略や策略や政略などあらゆる手段を駆使して時代を生き延びた。万善寺開基殿はその中の一人の武将に行き着く。彼は、最後まで尼子方に組みして敗戦を期に出家したらしい。その出家僧の生地がどうやら銀山街道沿いの宿場町であったようだ。私は、通勤坊主で朝夕その町を通過している。銀山街道古道はくねくねと続く渓流を渡りながら両岸のわずかな平地をたぐって飯南高原まで続いていた。町に続く小山の山頂にあった山城は銀山街道の関所の一つとして機能していたようで、その宿場町はたたら製鉄とか養蚕業などの地産や石見銀の運搬業などで賑わっていた様子がうかがえる。

葬儀開練忌から続いた仏事も大練忌をもって一区切りついて、少しだけ気持ちが晴れた。
琴引山の遠望が雲ひとつない飯南高原に映える。
いつもの万善寺に戻った境内を、あの目付きの悪い黒猫が横切った。

IMG_0848_2020031709504062d.jpeg
IMG_0845.jpeg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

雪が消えた 

2020/03/11
Wed. 23:07

春のお彼岸を前に、万善寺境内の雪が全て消えた。
この近年は雪解けも少しずつ早くなっていたが、例年だと境内北側の裏庭はだいたい4月に入っても雪が残る。豪雪だと5月の連休を過ぎてもまだ雪があるから、今年のようなことは異例のことだ。

春が早くなったせいか、お檀家さんからチョクチョクと電話が入る。
鉄の工場にいてもなかなか集中できないで、仕事が思うようにはかどらない。
今日も午前中から2つほど電話が入ったし、明日は怜子さんの四十九日大練忌になるから、夕方早めに工場を引き上げて制作中の彫刻パーツを銀くんのデッキに積んだ。どうせ気休めにしかならないということは分かっているのだが、それでも少しは彫刻のことを気持ちの何処かで抱え続けていられるから、ソレだけでも気楽でいられる。
工場から直接寺へ向かった。

万善寺くらいの規模の末寺で毎年のようにお檀家さんが微減し続けている現状で、仏事のことだけは一昨年くらいから微増を続けている。
俗なことを云うと、仏事がそのたびに少しでも布施収入に変われば坊主暮らしも若干の余裕ができるかも知れないのだが、現実はなかなかうまくはいかなくて、年間収支を決算してみると坊主の出勤回数は増えているのに現金収入は減り続けているという、おかしな経営事情が見えてくる。要因については幾つか思い当たる節があるので、ザックリと仏教活動の一環として「大事な仏事でもあるから・・・」と自分に言い聞かせて納得するようにしている。
そのかいがあったのか、今年の冬の2つの法事では「このくらいのことで申し訳ありませんが・・」とレジ袋いっぱいのお米を頂いた。合わせて1升くらいにはなって随分と助かる。「お米なくなったから持って帰って」と、ワイフに催促されるたびに寺の冷蔵庫で眠っている古古米どころか古古古古米を、それこそレジ袋へ入れ替えて持ち帰っていたのだが、今年はすでに2回も新米をワイフへ手渡すことが出来た。
お金は無くても食べるものと飲むものがあればなんとか生き続けることができるはずだが、なかなかそんなに巧くはいかない。実際には年金やら保険やら医療費やら光熱水費や通信費などなどの必要経費が毎月口座から自動引落されている。
丁度申告の時期で、納税申告書を作成中だから余計に寺の運営状況が気になるわけである。吉田家の申告の方は入院のことと設備の老朽修繕投資が重なって大赤字を出してしまった。今年いっぱいしばしも休まずに働いたとしても、赤字解消までには至らないだろう。とにかく、材料屋さんを始めとしてお付き合いのある業者さんの迷惑になるようなことだけはしてはいけない。個人事業主としてはいちばん大事な信用だけはなんとかして確保することが大事だ。

夕方まだ明るいうちに寺へ着いて、本堂の舎利棚殿へ四十九日法要のセッティングをした。夜になってから小さな塔婆を書いて簡単な法要の差定を決めた。
まだ怜子さんのお墓が決まらないままなので、ひとまずご遺骨の安座法要がメインの大練忌法要にした。

IMG_0705.jpeg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

幹カンジ 

2020/03/10
Tue. 23:06

「早くからすんませんなぁ〜・・○○寺でずが、チョットお時間大丈夫でしょうか?」
住職の朝は比較的早いから、まがりなりのナンチャッテ住職のボクももう起きていて特に支障はなかったっが、それにしても一般的には躊躇してしまうような時間の電話だった。
だいたい坊主業では、一般的な時間外の電話というのはあまり良いことでない場合が多いし、同業ご住職からの電話だし、何事かと若干緊張した。
「ハイ、大丈夫ですが、何か?昨年は何かとお世話になりまして、ご面倒をおかけしました・・」
ひとまず、当たり障りのない返事を返すと、
「その節はこちらこそ、なかなか至らないところもありまして・・・」
などと、しばし、儀礼的会話が続いたあと・・
「ところで、お願いがありまして連絡させていただきました」
やっと本題に入った雰囲気だと弔事のことではなさそうで、少し安心した。それで、要件は宗門組織の事務的なことだった。
「教区から幹カンジを二人ほど出すことになっておりまして、その役を引き受けてもらえないかと・・・」
「ソレはご心配なことです・・・が、私にできるようなことでしょうか?」
「もちろん大丈夫なことです。オタクのようなユニークな方に是非引き受けていただきたいことです。用事と云っても1年に2〜3回の会に出席して頂く程度のことですので、なんとか引き受けていただくと有り難いのですが・・・」
「そういうことなら、もっと適任がいらっしゃると思いますが・・・」
「イヤイヤ、オタクが適任ということでお願いしておりますので、いかがなものでしょうかねぇ〜」
「よくわかりませんが、私で良ければ構いません。受けさせて頂きます・・・」
・・・と、云うことになった。
先方の方丈さまは、何となく安堵された様子で、それから少しして電話が終わった。

今年は、万善寺が教区の総会会場で回ってくる。
私が先代から住職を引き継いだ年に当番会場が回ってきたからこれで2回めになる。
説教老師の巡回があって、それに教区の総会がセットされる。当番寺院は老師の接待と、教区の護持会会員の総会出席の世話をすることになる。昭和の昔は、総会が終わったあとの懇親会も夕方まで賑やかに盛り上がって、各寺のみなさんが散会されるとそれから万善寺役員の皆さんで慰労会が始まるという、数年に一度巡ってくる一大事業だった。
今は、そういう親睦も割愛が普通になって、老師のお話と総会が終わると出席分のお弁当を配布して散会になる。あとは数人の役員さんが後片付けがてら残ってささやかな慰労をしてその日の夕方には終了する。前日の老師接待からだと1日半くらいあれば事業全て終わる。それでも、会場となるとそれなりに気遣いも多いし、人並みの心労もある。
幹事の方は一度引き受けると「再選は妨げない・・」などと都合の良い理由をつけて任期がしばらく続きそうな気がしないでもないが役不足は棚に上げておいて「一人一役」を前提に、まずは一応「NO!」は言わないことにしている。
益々彫刻業が減って坊主家業が増えてきた・・・

IMG_0852_202003151007428b9.jpeg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

境内の春 

2020/03/09
Mon. 23:21

銀座のグループ展用に造っていた小品が形だけ完成した。
あとは2〜3日かけてサビの調子を整えて搬入ギリギリのところで錆止めをすれば出来上がり。
自分では、なかなか面白い彫刻になったと勝手に思っている。

今回の展覧会場は、展示に関してあまり細々と厳しいことが無くて助かっていて、過去にも彫刻に苔やリュウノヒゲを使ったりしたことがある。
自分の彫刻は、ほとんどが展示に制約のない野外で、室内でも美術展示に限ったギャラリーとか画廊での彫刻展示は殆どしない。

今度は、彫刻に蓋を作ってみた。
取っ手は寺の境内にある黒竹を何年か前に切って乾燥させていたものから一節だけ切り取って使った。
彫刻の中は線香を焚くことができるようにしてあって、まぁ、香炉のような彫刻だと思ってもらえば良い。煙も、タバコを吸うよりはずっと少ないし、防火の煙感知器が反応することもないだろう。会場にほんのりと香が漂う感じを彫刻で造りたくて、もう何年も前から試作を続けていて、実は現在も個人的には多少の問題が解決できないでいる。それで丁度これから実使用のデータを重ねながら完成度を高めようとしていたところだった。
新型肺炎が流行しはじめて、展覧会の開催そのものも実施が危ぶまれていたようだから、たぶん来場のお客様も少ないだろうし、会場の展示効果を試すには良い機会になった。約1週間の会期中は会場の受付当番をしながら香炉彫刻の完成度を確かめることになる。

黒竹は、私がものごころついた頃からすでに寺の境内の今の場所にあったから、もう随分と以前から毎年筍が芽吹きながら世代交代を繰り返して絶えないで生き続けているはずだ。
自生することはまずないだろうから、昔の誰かがその場所に植え付けたものだろう。
その黒竹は、例えば、床の間の軸を掛けかえる竿になっていたり、洗面のあとの手拭き掛けになっていたり、寺の庫裏の各所で何かしらに使われて重宝している。今と比べるとあの頃の黒竹は何年も大事に育てられて古竹になっていたのだろう黒々と太くて立派だ。
この2年間は冬に雪が殆ど降らなかったから、そのおかげで昨年の若竹にダメージがなかった。良い機会だから、このまま大事に養生して使用に絶えられるまでの立派な黒竹に育てようかと思っている。

天狗巣病にやられていた駐車場脇の桜が生き返って、今年はもうすぐ花が咲きそうなところまで蕾が膨らんでいた。幹の根元だけ残してバッサリと切り倒したのだが、その根株から脇芽が伸びて見上げるほど大きくなった。
少年の私に天狗巣病とか気根のことを教えてくれたのは長い間林業で働いて50歳で定年退職したあと、お寺の作務に信心してもらっていたおじさんだった。天狗巣病は大胆に幹からバッサリとヤルのが良いのだそうだ。それに桜とか百日紅のような比較的寿命の短い木は気根を伸ばすことがよくあるそうだ。境内の百日紅はそれで再生した。

IMG_0854.jpeg
IMG_0857.jpeg
IMG_0851.jpeg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ゴロゴロシンキング 

2020/03/08
Sun. 23:56

鉄の工場にいると時間がすぐに過ぎる。

長い間の経験上、午前中の制作工程がその日の進捗状況を大きく左右させるので、早朝に目覚めるとそのまま布団の中でゴロゴロしながらその日の制作のシミュレーションを頭の中でアレコレと工夫する。
まずは、完成までの制作のスピード優先で無駄な付け足し要素を一切省いたかたちをおおよそ想像してみる。そうすることで例えば鉄板の使用枚数とかサイズが見える。彫刻の完成予想サイズを鉄板の工業規格から割り出すわけだ。

今回は小品だから4✕8サイズの鉄板が1枚あれば彫刻1つを造って余るくらいになるはずだが、その鉄板がまだ真新しい黒皮鉄のままだと小品としての密度が鉄材の表情を造り込むには希薄になって味気ない。それで、過去の制作端材を溜め込んだ中から適度に味わいの出た鉄サビの鉄板を探し出して、それらの表裏を見比べて組み合わせながら平面図や立面図などに当てて正面とか背面の表情を決めていく。その平面図などが今はボクのとろけた脳みその中にしまい込まれていて、鉄板の現物に併せて頭の中で自由に伸び縮を繰り返す・・・その工程が、布団の中のヨシダオリジナルゴロゴロシンキングタイム。
このゴロゴロシンキングがすんなりと決まれば、すぐにチョークのドローイングに置き換わって、工場の午前中が実に無駄なく有効活用されて制作が手際よくはかどる。

溶断したパーツが全てそろうと、昼飯のパンでもかじりながらしばし鉄板のパーツと向き合って無言の会話が始まる。
この切り出した鉄板の表情を観ながら続く無言の会話でだいたいの完成予想図が見えてくるから、ひとまず工場の何処かへチョークでメモ(他人が見たら落描きのようなものだけど・・)して残しておく。
あとはひたすら無駄なく手際よく溶接を繰り返していくわけだが、ここで最も大事な彫刻のテーマを慎重に引き出して1点の彫刻へ託しておかないと、造形の方向が堅苦しい無機的人工の建築的構造物のようなつまらないモノになってしまうから、ソレは避けなければいけない。
私の場合は、自分の造形におけるテーマの重みがさり気なく造形物としての彫刻に映っていないといけないから、そのひと手間が私の鉄の彫刻にとても重要な役割となっている。

午後からは、切り出した鉄板パーツの1枚1枚を金槌でひたすらたたき続ける。
なんの表情もない錆びた薄汚い鉄板に、この「金槌で叩く」という工程を加えることで有機的な柔らかさが生まれる。
それは彫刻造形の張りになって量感を増す手段でもあるが、野外彫刻を基本とする私の場合は、自分の彫刻がある程度の一定期間は島根の四季の天候環境に溶け込んで存在し続けるための重要な条件ともなっている。
今制作中の小品彫刻は、屋内設置を前提としているから野外彫刻としては欠陥するところがある。しかし、一方で屋内彫刻だから可能になる造形上の工夫もあって、それはそれで自分としては十分に納得しているし制作を楽しませてもらっている。

IMG_0849.jpeg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

前向き 

2020/03/07
Sat. 23:39

年末に石見銀山の小品彫刻展を撤収して、今年に入って2月までの間に全ての彫刻返送を終わらせてすぐに節分が来て立春になると、思い出したように重たい雪が降った。
やっと冬が戻ってきて「やはり飯南高原は雪が降らないと冬になった気がしないな」と少し安心していたら、なんのこともない1回ほど雪かきをして一本道を開けた次の日には山陰の2月に珍しい冬晴れになってアッという間に参道の雪が溶けた。
こんなことなら、腰痛を無理して雪かきなどしなきゃよかったと思いつつ、今度は何年もの間にだらしなく枝葉の伸びきって見苦しい庭木のことが気になりはじめて剪定などはじめた。2月のうちに庭木の剪定をすることなど今まで想像もつかないことだったが、穏やかな小春日和がしばらく続くうちに身体がモヤモヤしてジッとしていられなくなってトリマーやチェンソーを倉庫から引っ張り出してしまった。
2・3日ほど良い天気が続いたおかげで境内地の外仕事はソコソコはかどったのだが、ついでにお墓までの参道も秋からの落ち葉が乾いている間に掃除しようと予定を立てたところで雨になった。
一度降り始めた雨はそれからしばらくダラダラと降り続いて、せっかく乾いていた落ち葉もまたジットリと濡れて地面に張り付いてしまって、予定が未定になった。

週末は激しく雨が降った。
吉田家のデスクワークも溜まってはいるのだが、どうもキーボードやテンキーをプチプチやるのもめんどくさいし、ロフトにこもって炬燵に潜り込んでいても気持ちが滅入るばかりだから鉄の仕事を再開することに決めて、久しぶりに朝から工場へ出かけた。
石見銀山の自宅から鉄の工場は、万善寺方面とは真逆に向かって5分ほど銀くんを走らせると到着する。
丁度、小品彫刻展に絡んで制作を続けていた連作のパーツが溜まっていて、ソレを溶接して組み立てるところから仕事に取り掛かることが出来て無駄が無い。
コンプレッサーのスイッチをONして、圧縮空気がタンクに溜まるまでの間に工具のチェックをしたり防じんマスクを用意したりして制作の準備を整えた。
世間では新型肺炎でマスクどころかトイレットペーパーまで品薄になってしまったようだ。人口密集地では日常の生活に支障が出てしまうまで流行が加速しているようだが、私の日常は坊主も彫刻も全くいつもと変わらない毎日が過ぎている。
これから銀座のグループ展に向けて彫刻を造ることになる。すでに搬入から受付搬出と1週間の上京も決めていて、ソレを思うと、小心者のチキンオヤジは今のうちから少々ビビっている。もっとも、銀座の会場は外出自粛の影響でほとんど開店休業状態が予測されるし、この際だから溜まった文庫本をいつもより多めに持参して「読書に集中できるかも知れない・・」などと不謹慎な想像をめぐらしてニヤつく自分がいたりもする。
いずれにしても、今のうちから実態の伴わないことで深刻な想像ばかりしていてもきりがないから、とにかく肉体の抵抗力を鍛えて精神の弱さに負けないように銀座の1週間を前向きに乗り切ろうと思っている。
グループ展や個展などの彫刻制作と発表は、まだ学生だった頃から毎年欠かさず続けていて、もう40年を過ぎた。
継続は力にもなるが惰性に堕ちることもある。そのあたりの見極めに失敗すると「労すれど功なし」となる。自分には受付当番も制作に匹敵する重要な業務と考えている。

IMG_0774.jpeg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

休息 

2020/03/06
Fri. 23:42

学校の春休みが近づいて、石見銀山やその周辺では卒業式もそろそろ近づいたり既に終わったりと、毎年恒例の年度末行事が進行している。
万善寺は初午祭が終わって、これから春彼岸が来る。

いつもなら境内やお墓にはまだ雪がたくさん残っているから、掃き掃除などの外仕事にかかわる作務が出来ないままお彼岸を迎えるのだが、今年は過去に例を見ないほどの暖冬になったおかげで、庭掃どころか境内のアチコチで茂っている庭木の剪定まではじめている。
学校へ美術の時間講師で出かけているワイフは、少し前に年間の予定授業のほとんどが終わって、時間に若干の余裕ができたようだが、これから年度末に向かって地域の付き合いで引き受けている幾つかの用事が残っているようで「お雛様展の展示があるから」とか「今日は婦人会のお弁当作りがあるから」とか「明日の夜は自治会協議会の会議が入ったから」とか「民生委員で小学校まで行ってくるね」とか、とにかく連日のようにせわしなくアチコチへ出かけている。
そうやって、いつも忙しくしていることが彼女にとっては生活の張り合いになっているのかも知れない。
そんな中、久しぶりにお供えのお花を持って寺まで来てくれたから、せっかくなのでお昼は近所のお蕎麦屋さんへ二人で出かけた。
世間では新型肺炎の情報が飛び交って商業施設や学校を中心に対応対策で混乱してるようだし、お蕎麦屋さんもそれなりの影響を受けているかも知れないと気にしていたのに、お昼時のお客さんも絶え間なく続いて、全然いつもと変わらなくて安心した。
美味しいお蕎麦を食べたあと、ワイフとはそこで右と左に別れた。
彼女は「せっかく、コッチまで来たから・・」と近所の道の駅を幾つか経由してみるのだそうだ。

お寺の用事を切りの良いところで終わらせて夕方になって吉田家へ帰った。いつもならクロが土間の入り口で鳴きなから出迎えてくれるのに珍しくソレがない。ワイフは道の駅でゲットした食材を使って夕食の支度をはじめていた。部屋を見渡してもネコチャンズの姿が無いからきっとアイツラはロフトで寝てるのだろう。
ワイフの夕食が出来上がるまでまだ間があるようだし、このところ寺のことで働き詰めだったから少しほど2階のボクの部屋で休息することにした。
炬燵テーブルには少し前に届いたグループ展のDMがまだ発送されないままになっている。新型肺炎のこともあるし、ハガキをそのまま発送するより、何か一言書き添えて封書にしてみようと考えている。吉田は、ひとまず銀座で受付当番を予定しているが、来客も殆ど無いだろうから、この度は作家の研究発表的色彩が濃厚な展覧会になりそうだ。彫刻のメモはたくさん溜まっているし、私もそのことを少し意識して制作に取り掛かったところだ。

案の定、クロはボクのベッドのド真ん中で爆睡していた。炬燵に足を入れたときシロの背中を蹴ってしまったのに動く気配もない。シロもまた炬燵のド真ん中で爆睡中でした。

IMG_0843.jpeg
IMG_0842.jpeg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

怜子さん檀弘忌 

2020/03/05
Thu. 23:07

初午祭の法要が終わって後片付けもあるから万善寺単身赴任で一泊した。
お参りが6人でも、湯呑とかお皿とかお箸とか各種の鉢や大皿など食器の洗い物が典座寮を縮小改造した台所の流しへ大量に溜まって、その量を見ただけで1日の疲れがドッと出た。
盆正月の法要は、もっと大量の洗い物をワイフが一人でこなしてくれていることを思えばたいした仕事量でないのは分かっているが、それにしてもその日のうちに全て片付けるのは少々つらい。どうせ寺で一泊するのだから、洗濯も含めて溜まった食器の洗い物は翌日に回すことにした。

その翌日は怜子さんの6・7日檀弘忌になる。
ワイフも含めて、怜子さんに近い親族の関係者はそろそろ巡ってくる四十九日を早く短く感じたのか、それとも遅く長く感じたのか、どうだったのだろう。
私は、親族の一人でもあるが一方で坊主でもあるからそれなりに客観的にクールにこれまでの期間を乗り切っている。
人が一人死ぬるということは、周辺の近い身内にとって当分の間の日常生活に多少の不具合を生じることのストレスは避けられないことだ。その上で、一般の俗世間では通用しないよなことも多々ある宗教上の慣習にはそれなりの誠意を込めて従うことになるから、ソレがまたソレで気持ちの重しになってしまったりする。
ワイフの近くで彼女が怜子さんを偲ぶことの行動を見ていると、どこかしら乙女チックで可愛らしく微笑ましく思う。
今ではボクが一人で使っているシアタールーム兼用のリビングに設置したスピーカーを即席の祭壇にして、昔の怜子さんの写真を探し出して、お猪口に水を入れてお供えして、私がストックしていた比較的高級な白檀の香を探し出して1日に1回焚いて手を合わせている。
流石にその白檀香も底をついて残りがあと少しになった頃、彼女はAmazonで探しだしたお香の詰め合わせを注文したようで、2・3日前からリビングが上品な白檀の香から一気に俗っぽいエキゾチックな香りに変わった。
吉田家の即席祭壇では、ご本尊さまと三具足の仏教上最低の条件でもある常識が通用しないまま今に至っている。
まがりなりにもすぐとなりに一応万善寺住職でもあるナンチャッテ坊主がいるのだから、そのあたりのことをチョット聞いてくれても良いと思うんだけどネ・・

積み残しの食器洗いを済ませ、洗濯機をONしてから本堂へ上がって怜子さんの檀弘忌を始めようと予定していたら、珍しくワイフの方から電話が入った。
「今、途中でお花を買ったところだから、あと20〜30分でお寺へ着くネ!」

さて、あと1週間お花が保つかどうか心配だがこのまま寒い日が続けばなんとかなるかも知れない。お経が終わってワイフが親族を代表して焼香して檀弘忌法要が終わった。
四十九日大練忌は、喪主施主のトシちゃん夫婦が怜子さんの遺骨持参で万善寺へ来ることになっている。吉田家からはじゅん君も仕事の都合をつけてお参りしてくれる。

IMG_0831.jpeg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

国家平安万邦和楽 

2020/03/04
Wed. 23:22

この数年で随分と坊主家業に従事することが増えた。
昨年は、今まで前例がないほど葬儀が多くて、ソレに付随した法要仏事も絶え間なく続いて、その上、例年変わりなく寺の過去帳から繰り出している年回法事もあるし、とにかく、1年で70%以上は万善寺のことで始まって終わった気がする。
先代の憲正さんは、生涯100%専業坊主で乗り切って住職在職も60年に至った。
その先代の御蔭で自分が40年以上彫刻制作を休まずに続けてこられたのだと、今更ながら間違いなく確信できる。
昭和から平成令和と世の中の情勢が大きく変わる中で、昭和20年代から殆ど大きく変更することもなく万善寺の諸仏事が引き継がれてきたのは、禅嶽憲正大和尚のブレない仏教家としての強い信仰心があったからだと思う。それでも、元号が昭和から平成に変わろうとする頃から憲正さんの愚痴が少しずつ増えた。お寺の仏事行事へのお参りが1年毎にみるみる減っていったことに我慢ならなかったのだ。
その頃から人々の仏教離れの加速が始まっていた気がする。

副住職時代が長かった私は、憲正さんの仏教家としてのジレンマと間近に接しながら、一方で寺の仏事から隠れるように彫刻制作へ逃避していた。
嬉々として彫刻に没頭していた頃が懐かしい。
今は、時々フッと出来たヒマに描きためた小さな彫刻のメモがかたちにならないまま貯まる一方になっている。たぶん、このままなにかの反故に紛れていずれ破棄されてしまうのだろう。
憲正さんを引き継いで住職になって、職業坊主の末席に着いたように自覚できる今、彫刻を絶やそうとは思わないが、できるだけ万善寺の過去からの伝承も絶やさないようにはしようと考えている。

1年に一度の万善寺初午祭が巡ってきた。
初午の日は毎年動くからその都度飯南高原をグルッと一回り約60枚ほどのお知らせを配布して回る。今年は雪もなくて楽に一巡できたが、当日は前日までの好日が嘘のように前夜から雨になって冷え込んだ。
それでも、法要には6人ほどお参りがあった。
それこそ憲正さんの頃は、雪をかき分けて20人以上のお参りがあって賑やかな法要になっていて、お参りのみなさんも内室のおかみさんが心づくしの手料理で世間話に花を咲かせ、ちょっとした地域の情報交換の場にもなっていた。
今のように、ワイフがおかみさんのあとを引き継いだときには、すでにお参りも半減していたから、当時の賑やかな初午祭を彼女は知らない。それに、殆ど毎年平日の祭事になって彼女の手伝いもないから、住職一人で本堂と庫裏を数え切れないほど往復した。
いずれそのうち、お参りが0人になる日が近いかも知れないが、それでも自分の身体が動くうちは法要を絶やさないでいようと思う。
前日までの美食が過ぎて、お経の最中は足の裏がピリピリ傷んだ。
万善寺豊川稲荷荼枳尼天さまへ、国家平安万邦和楽五穀豊穣商売繁盛を祈念し、お参り各家の家内安全身体堅固を祈り、ついでにチョットだけボクの痛風減痛を願った・・・

IMG_0837.jpeg
IMG_0836.jpeg
IMG_0838.jpeg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

回顧展 

2020/03/03
Tue. 23:11

山陰在住の二人の絵画作家がほぼ同じ会期で個展をした。
一人は松江の県立美術館で竹田さん。
一人は米子の市立美術館で濱田さん。
二人共そろそろ作家歴40年近いベテランである。
ワイフが紅ズワイガニを買って帰ってくれたのもその二人の個展を観に行ったついでだった。
それぞれ立派な個展リーフレットが出来上がっていて、見開きには作家の挨拶文が添えられていた。ワイフの感想めいた話を総合すると制作の初期から近作までを系統立てて展示した回顧展の色合いが強い個展になっていたようだ。

濱田さんの近作は、本人曰く「最近具象から抽象に表現が変わった・・・」ということらしい。
私は制作の殆どを彫刻に絞っていて絵画のことはあまり良くわかっていないから、鑑賞するとなると純粋に自分の主観的な好き嫌いを優先してしまう。それでも、抽象表現となると自分もだいたいが抽象彫刻で制作を続けているから、絵画と云っても少しは面倒くさく客観的な見方をしてしまうこともある。
それで濱田さんだが、彼の抽象性は連続した繰り返しのパターンでひたすら画面を隅から隅まで埋めつくしていく作業性の強い表現になっている。これは、原始的アニミズムに起因する精神的思考を絵画という領域定義を借りて表現活動に置き換えたふうに思える。一連の決まった表現パターンに終始してそれを繰り返し続けていれば、いずれ時間とともに終了の時が予測できるし、確実な完成の瞬間を実感できる。そこに制作の喜びを感じ達成の満足感に浸る・・・ソレが、今の彼が「絵を描き続ける」ことに託した現実逃避になっているのかも知れない。表現の違いはあるが、それこそ今の自分も似たような制作の繰り返しにこだわっている時期でもあるし、今後の彼の表現の変化を楽しみにしたい。

竹田さんは高校の先生を37年間勤め上げ、退職の記念も兼ねて個展を計画していたようだ。挨拶文を読むと、彼は本当に心身ともに学校の先生であり続けていたのだということがヒシヒシと伝わってきた。彼とは私がまだ島根の学校の現場でいた頃からの長い付き合いで、ほぼ全ての彼の絵画作品を観てきたのだが、こうして改めて彼自身の言葉で美術教員であることとか美術教育に捧げた人生であったこととか語られると、とにかく全身頭の天辺から足の先まで教育者であったということが伝わる。
アレコレともっともらしい理由をつけて学校現場から逃げ出したボクにはとても彼の真似はできない。ある意味、彼にとって美術教師は天職であったのかも知れない。
名実ともに4月からフリーになるタケちゃんの今後の活躍を期待したい。

登美さんからもらった牡蠣は2日に分けて一杯やりながらポン酢の生食でペロリとやり、ワイフが揚げてくれたカキフライをパクつき、紅ズワイガニは2匹ほど足の先から味噌まで貪り、残ったカラなどはダシをとっておじやで完食。
その次の朝・・・足の膝とか指先の関節あたりがチクリと疼き始めた。
どうやら、痛風の前触れの気がする・・・でもいいや!美味かったから・・・

IMG_0098.jpeg
IMG_0825 (1)
竹田個展
IMG_0840.jpeg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

贅沢な食卓 

2020/03/02
Mon. 23:59

法事では珍しいお頭付きの鯛が入った斎弁当を持って、ウキウキと吉田家へ帰った。
この頃は随分と陽が長くなって西陽に照らされた雲がオレンジに染まってきれいだ。

駐車場へ着いて荷物を降ろしたりしていたら、仕事帰りだろうか?自転車から降りたばかりの登美さんと出会った。
「正チャン最近痛風どぉ〜お?」
石見銀山町並みのド真ん中で大きな声に「なんで今さら??」と少々気恥ずかしくもあったが、石見銀山の場合、私の持病に限らず町内の殆どの住人に関する持病事情はすでにみんな周知のことで個人情報がどうとか守秘義務がどうとか、そういう堅苦しい近所付き合いとは無縁である。
「薬も欠かさず飲んでるし、特にこれと云って良くもなく悪くもなく・・普通ですよ」
「あのネ、牡蠣あるの・・・正チャン牡蠣好きなの知ってるけど、痛風に良くないらしいし、どうかなと思って・・採れたてで新鮮だからまだ生食で大丈夫なんだけど・・・どぉ〜お?いるぅ??」
今年・・・というより、随分前から口にしていない牡蠣が貰えそうとわかって、法事の疲れが一気に吹き飛んだ。
「えぇ〜、いいんですか?」
「封を切って少しほど味見させてもらったんだけど、やっぱり美味しいわよねぇ〜、それに身も大きいし、食べごたえがあるわよ。私一人で全部はとても無理だから、残りものだけどいらないかと思って・・・でも、痛風大丈夫?ほんとに??」
「全然平気です!後で痛くなっても美味しさ優先ということで、初物ですよ!」
「じゃぁ、後で持っていくわね」
「ありがとうございます!」
それからしばらくしてビニール袋いっぱいの大きくて立派なむき身の牡蠣を持ってきてくれた。

吉田家はワイフがまだ帰宅していなくて、日が落ちて少し暗くなり始めたリビングは寒々としていた。ひとまず頂いた牡蠣を冷蔵庫にしまって、斎弁当を食卓のワイフの定位置へ置いて、ストーブに火をつけ始めたところでワイフが帰ってきた。
しばらくの間、土間で何やらゴソゴソしていたワイフが「しょぉ〜ちゃぁ〜ん、ただいまぁ〜・・・カニ買ってきたわよぉ〜」と、大きなビニール袋に氷と一緒に入れてある紅ズワイガニを重そうに抱えて入ってきた。
私の法事の裏番組で、彼女は朝から山陰の作家仲間の個展会場を2箇所ほどハシゴして、その途中で境港の卸売市場へ寄ったらしい。

その夜の吉田家は、1年に一度あるかどうかの盆と正月が一緒に来たような・・いや、むしろソレ以上の超豪華で贅沢な料理の数々が食卓に溢れた。
「あとになって、痛風が出るな・・・きっと・・・」
ふと、不安と確信めいた予測が脳みそをよぎったが、ボクの心は美食を目の前にて完全にポキリと砕け折れて理性が遠くへ消えていった。

IMG_0830.jpeg
IMG_0828.jpeg
IMG_0829.jpeg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

お祝い法事 

2020/03/01
Sun. 23:11

3月になって早々の法事は朝から穏やかな日差しが降り注ぎ、気温もぐんぐん上昇して、着物に着替えて改良衣を羽織ったりするとジットリ汗ばむほどになった。

万善寺では50回忌からお祝い法事としてご案内させていただいている。
先代のお供で50回忌を越えた法事へ出かける時は、すでにお檀家さんの方で法事趣旨を心得ていらっしゃって、ご親族も遠方まで声を掛け合って参列されることが普通で、ソレはソレは賑やかな法事になっていた。
まだ20〜30年前はお斎の膳に酒がつきものだったし、お祝い法事になるとソレにプラスして各自の膳に尾頭付きの鯛がついていたり、刺し身の盛り合わせや巻き寿司があったりと、大盤振る舞いの豪華で賑やかなことだった。先代は法事が終わるとしこたま酒を飲んで施主家の歴史を交えた昔話に花が咲き、引き物や大皿やお供えのお下がりなどのお土産と、食べきれなかった斎膳を弁当に詰め直して、抱えきれないほどの大荷物を副住職(もちろんボクのこと・・)へ持たせて良い機嫌で寺へ帰って、それから酔が冷めないまま内室のおかみさん相手のお茶飲み話に花を咲かせ、その日の法事の顛末を嬉々として語り継いでいた。
50回忌からの塔婆は、それまでの板塔婆から角塔婆へ変わる。
法事の数日前に大工さんがお寺まで特注された角塔婆を持参して、住職は半日くらいかけてたっぷりと墨を摺って4面それぞれに戒名や経文や禅語香語などを書く。それからしっかりと1日位墨を乾かして施主家へ電話するとその角塔婆を引き取りに来て大事そうに持ち帰る。法事の当日に施主家へお邪魔すると、床の間の「南無釈迦牟尼仏」の掛け軸と並べて角塔婆が立てかけられて、その前に三具足が並び仏膳がお供えされてある。
特にこれと云った住職からの指示があるわけでもないが、だいたいどこでも似たりよったりの扱いがされていた。

・・・さてさて、今はどうかと云うと・・・
「角塔婆は建てるところが無いですけぇ~、板塔婆でいいですけぇ~」とか、「100年も前の先祖さんは顔も知りませんけぇ~、お盆の塔婆回向でいいですわぁ~」とか、「みんな用事があるそうなんで、法事は家にいる者だけしかおりませんけぇ~、簡単によろしく!」とか、だいたい殆どが、そんなふうな「お祝い!」とは遥かに程遠い法事になってしまった。
「昔は、誰かが亡くなると組内の者が遠くの親戚まで知らせに走ってましたけぇ〜」
「そうそう、冬は雪で車も使えんから、組の若いもんが一日がかりで山越えして広島県まで行って帰ったりしよりましたがぁ〜」
「もっと遠くは仕方がないけぇ〜電報にしたりして・・・住所がわからんかったりしてアッチに聞いたりコッチに聞いたりして、葬式になるまで何日もかかったりしてねぇ〜」

3月1日の100回忌お祝い法事は、角塔婆こそ板塔婆で済まされたが、久しぶりに副導師の随喜も頂いて立派で賑やかに終始した。
私が住職になって約10年・・・50回忌を越えたお祝い法事で角塔婆を書いたのは5回とない。楽といえばソレまでだが「ソレで済ませていいのだろうか?」とふと思う時がある。

IMG_0835.jpeg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2020-03