FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

安西水丸さんのこと 

2020/03/18
Wed. 23:29

Amazonへ頼んでおいたユーシン君の絵本が届いた。
ハードカバーの折り目を気にしながらページの隙間を開けて覗き込むように試し見した。
安西水丸さんの表現解釈はボクが受けてきた日本の美術教育や受験の実技勉強の世界とはかなり違ったベースから始まっているのではないかと、改めて感じた。

安西水丸さんのことはそんなに詳しく知っているわけではない。
彼をはじめて知ったのはまだ美術の受験勉強を続けていた頃から購読していたキネマ旬報で、映画の一場面などの簡単なイラストと短いエッセイ風の文章が1ページになっている「シネマストリート」というコーナーだった。
確か、それまで読んでいた和田誠さんの「お楽しみはこれからだ」(だったかなぁ〜・・間違っているかも知れない・・)が終わって、それを安西水丸さんが引き継いだかたちで始まったのがシネマストリートだったと思う。
その頃の私は、西洋の透視図法を駆使しながらギリシャ彫刻の石膏モデルを必死になって木炭紙サイズへ写し取っていて「美術の基礎はこれしかないのだ!」とか「このデッサンをマスターしなければ自分の美術表現を認めてもらえないのだ!」とか「受験美術にとって東洋的空間表現は意味を成さないのだ!」とか、そんなふうな今思えばある種盲目的な思い込みと信念を頼りに、狭い世界から抜け出せないまま偉そうなことばかり云って悶々とした毎日を過ごしていた。

和田誠さんのイラストは洗練されていて、簡潔に整理された一本の線に必然性があって単なる似顔絵の領域を越えた素晴らしく完成度の高いもので、受験デッサンの勉強中だった頃の私にとってとても参考になった。エッセイ風の文章も面白くて、キネマ旬報購読の楽しみの一つだった。
ソレがある日気づくと安西水丸さんのコーナーに変わっていた。正直、はじめは拒否反応に近いものがあって全く馴染めなくて、しばらくの間なかなかそのページを受け入れることが出来なかった。それでも、なんとか文章を読んでいるうちに彼独特の極度に主観的な鑑賞感になんとなく親近感を感じるようになって、そうして文章に添えて描かれた速記のようなイラストを見ると、不思議にその映画のその場面の記憶が現実性をましてくる。そして、無性にすぐにでもまたその映画を見直してみたくなってしまう衝動に駆られる・・・気づくと、いつの間にか水丸ワールドの虜になっていた。

自分にはとても安西水丸的感性とか表現は出来ないと思う。ソレだからこそかも知れないが彼の表現感性に一種憧れのようなものを持っている。彼の絵を見ていると「絵を描く」という技法とか手法に頼り流されること無く、現実の具体的な事物が極端に主観的解釈で整理されて簡潔に無駄なくまとめられている・・・と、そういう具合に私は感じる。これは、ある意味で極めて具象的な表現だと思う。その具象表現の裏にデッサン力の誇示とかおごりを全く気づかせないところが凄いと思う。私も、自分の彫刻に彼のような一見気負いのないシンプルな表現が出来たら良いと思うがなかなか難しい。

春彼岸の前日の3月19日は、安西水丸さんの祥月命日になる。

IMG_0860.jpeg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2020-03