FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

消耗の時代 

2020/04/16
Thu. 23:04

吉田家裏庭の草刈りがおおよそ片付いて、あとは草焼きが楽になるまで刈払った草が少し乾燥するのを待つことにした。
しばらく万善寺のことがほったらかしになっていたので気になって朝から寺へ移動していたら材料屋のお兄さんから着信が入った。
折り返すと「工場のわかるところへ置かせてもらいました」ということだった。いつものように勝手知った様子でアングルを搬入しておいてくれた。
寺の用事を少し早めに切り上げてパーツの裁断だけでもしておくことにした。
小学校の草取り機は思った以上に消耗がひどくて、どうせならそのまま廃棄して造り直した方が早い気もするが、一応修理するということで引き受けたことだから材料も修理に必要なだけしか頼んでいなかった。夕方まだ明るいうちにパーツの裁断が終わったので、補修溶接はあと半日もあれば終わるはずだ。

1月に永眠された檀家のおばあさんが百ヵ日を迎える。
百ヵ日は別に卒哭忌ともいって、まだ喪中ではあるが「そろそろ残されたご親族の皆さんも日常の暮らしに戻ることにしてください・・」という、気持ちの切り替えに向けた法事になる。
昔のように三世代が普通に同居暮らしをしているような時代でもなくなったから、最近の百ヵ日は風習の形骸化が進んで法事と云っても散らばった親族が一同に集まることもないまま留守番の誰かと二人で寂しくお仏壇へむかってお経をあげる程度の簡単なものになったが、それでも一周忌までの大事な節目の一つでもあるから万善寺は施主さんの都合に添いながらきちんと法事のお勤めをするようにしている。
コロナ肺炎が蔓延する一方のこういう時期でもあるし、このたびの法事はお茶もいただかないで極めて小規模に絞ってお経を済ませお墓参りをしてそのまま終わらせた。
お墓の脇にある二本の桜が見事な満開で、寂しい法事もそれなりに華やいで気持ちが少し救われた。
今年は4月に入ってから雪が降ったりして気温の上昇がゆっくりになったから、桜の花も満開が長続きしている。

法事を済ませてお昼前に寺へ帰ることが出来たから、すぐに着替えて直接工場へ移動した。
草取り機の消耗して使えなくなったパーツを取り外して補修の溶接をした。
全体の形は似たような感じに完成したが、やはり精度はかなり下がった。まぁ、材料代だけで引き受けた修繕だからこの程度で納得してもらうしかない。所詮草を取るための便利な道具だけのことだが、もう少し丁寧に使えばもう少しは長持ちしただろうに・・
納品は少しでも早いほうがいいだろうと、そのまますぐに銀くんのリヤデッキへ積み込んで小学校へ行ったら、職員の皆さんはまだ授業中だったから校庭の隅にあった櫛パーツの隣へ下ろしておいた。誰かが気づけばなんとか云ってくるだろう。
小学校もコロナ肺炎の対策で何時臨時休校になるかわからない。島根県は今の所感染者が16人で止まっているが全国規模では感染が日に日に増加している。

目に見えない微細な病原菌に対して、人々の抵抗知力はあまりにも脆弱だ。現代社会の経済依存に特化傾倒した人間の慢心おごりへの警鐘がこういう形で現れたのかもしれない。

IMG_0972.jpeg

3月24日ー展覧会3日目:蕎麦と焼き鳥追加しました!

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2020-04