FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

ナンチャッテ人生 

2020/07/08
Wed. 20:55

万善寺の大般若経転読会を境にして五月雨に仏事の問い合わせの連絡が増えはじめ、6月のはじめには5つと無かった7月の1ヶ月メモが月末には7月どころか8月9月までスケジュールが入ってきて、ウカウカしていると棚経と日程が重なったりして「身動きできないことになったらどうしよう・・・」と、だんだん焦って不安になってきた。
ほんの1ヶ月ほど前のメモ帳は7月がほぼ真っ白だったから、パーツまで造って溜め込んでいた彫刻をやっと落ち着いて組み立てられると2週間ばかり矢印線で囲って「工場!」と書き込んでおいたのに、今はその線も点線や破線になって切れ切れになってしまった。その上梅雨前線の集中豪雨でお墓の撥遣仏事がずれ込んだりして、施主さんや墓石屋さんとの調整も難しくなって気苦労が増えるし、なかなか思うようにいかないものだ。

強風がやっとおさまって周囲が静かになったと思っていたら深夜から大雨に変わった。それでなくてもガタピシ隙間だらけの万善寺庫裏で寝ていると、東西南北四方八方があまりにうるさくて目が冴えてまともに寝ることが出来ないまま朝になってしまった。
最近は陽が長くなって夜明けが早い。ウツラウツラしているとスズメやカラスが鳴き始めた。どうやら数日降り続いていた雨がやっと峠を越えた感じだ。朝寝しようとしていたらオシッコが出たくなってトイレに立った。「歳はとりたくないものだ・・・」こういう状況になると我が身の現実に直面して気が滅入る。
トイレのついでに玄関の鍵を開け、くたびれてリタイヤした坊主雪駄をつっかけて境内をぐるりと一回り様子を確かめた。巣立って間もないのだろう春の子スズメが人間との距離を測りながら境内を飛び回って大騒ぎをしている。

集中豪雨の止み間を狙って撥遣をした。
撥遣の墓地は施主家裏山の斜面を平らに削り取って整地してあって、たぶん明治の時代に造成されたものだろう。
ヤブ蚊と格闘しながら「こういう時の殺生は自粛しなければ・・・」と肝に銘じて口伝の咒を唱え続けた。
「古武士さんのお墓はどのようにすれば・・・」と心配されるものだから、「三界萬霊で供養されてお祀りされるとよろしいのでは・・」と伝えておいた。
「三界萬霊」は先代曰く「この世に生きるものすべての精霊である!」から有縁無縁古墳一切は三界萬霊として供養すれば間違いがないということだった。
そもそもナンチャッテ坊主の始まりは門前でなく門内の小僧からスタートしているから、一応は僧堂で修行をかじってはいるものの、いわば我流修行で坊主になったようなものだ。彫刻の基礎も殆ど我流で乗り切ってきたから、今の坊主家業と似たようなものだ。結局、ボクの人生はナンチャッテ人生で始まって終わるように決められているのかもしれない。

サツキの花と前後して咲き始めた境内のギボウシもそろそろシーズンの終わりが近づいてきた。ギボウシは食べられると聞いたことがある。が、本当なのか知らない。
小スズメが一斉に境内脇にある中国菩提樹の葉陰へ隠れ込んだ。その菩提樹の花も時期が過ぎて、万善寺の境内はこれからしばらくすると百日紅が咲き始める。

IMG_1206.jpeg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2020-07