FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

初秋の日本海 

2012/09/29
Sat. 07:44

彫刻制作も終盤にさしかかり、何となく全体像が見えてきました。

今年は、数年ぶりに新品の鉄板から制作したので、何となく「薄っぺらで軽っぽい感じ・・」になってしまいました。
やはり、数年間寝かして、みっしりと錆びついた鉄には叶いません。
私の彫刻は、吉田が造っているというよりも、石見銀山の自然が造ってくれているといったほうがいいほどのものです。

歳月の重みと、風化のテクスチャーは、たった数日間の制作で出せるものではありません。今回あらためてそんなことを強く感じたところです。

近くのコンビニでお昼の弁当を買って、何時もの海岸へ行ってみると、狭い駐車場はお昼休みの車でいっぱい。
みなさん、それぞれ、似たような弁当をつつきながら穏やかな波の打ち寄せる日本海を堪能の様子。
この海の遥か彼方の小さな島が、国の利権争いに巻き込まれているなど想像もつかないほどの初秋の海の包容力。

世論の暴走に国の官司まで爆走。
他人事のようにピクリとも動かない国民の反応と滑りっ放しの施策。
ノーテンキに騒ぎ立てるメディア。

そんな最近の世間のおまつりごとを見ていると、「今年の吉田の新品の鉄板彫刻と似たようなものだ」などと思ったりします。
島根沖に思いを馳せ、爽やかな潮風を感じつつ、お昼休みのひとときを過ごしました。

IMG_5484.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1007-fa797f9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-06