FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

三原谷の彫刻 

2012/10/22
Mon. 07:47

慌ただしい1週間がアッという間に過ぎました。

先週末から今週前半が東京の展覧会で彫刻展示。
今週後半が例の如く東堂さんがらみで寺と石見銀山の往復暮らし。
車の走行距離も、軽く2000キロ近くまで伸びました。

今週末から月末にかけては、またまた長いロードへ出かけることになります。
その一つが三原谷。
三原谷の展覧会に出品予定の、大小の彫刻を点検したり梱包したりの作業は既に大詰め。
あとは、トラッカー真ちゃんの指示を待って積み込みから移動、展示と続きます。

この数年間、展覧会用の彫刻に、日本海の海岸へ打ち上げられる玉石を使っています。
鉄の彫刻へ自然石を絡めようと思うようになったのは、万善寺の住職を引き継いでからのことでした。
仏事の様々な法式や所作、経文の読み込み、禅語の解釈、それに久々に甦った毎日の決まった作務。
そのような暮らしの変化が、それまで鉄と金属ひとすじだった彫刻の素材形態や制作システムと対比して、もう一つの「人工」つまり、「自然が造り出すかたち」の視点や観点を競合させることで、自分の内面の造形感をより多角的に表現し、形態からの読み込みや解釈に深みと巾を持たせようと思うようになったからです。

三原谷では、約20年近くの私の彫刻の変遷を、大小の彫刻に託してさりげなく展示してみようと思っています。

IMG_5743.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1030-20945d93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-10