FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

仏乗さんのこと 

2012/11/28
Wed. 05:27

万善寺とはケタ違いにデカイ立派な禅寺へ、仏乗さんの描いた達磨さんを見に行ってきました。
そこは、仏乗さんが石見銀山の栄泉寺へ19世住職として移動する前に在籍していた禅寺です。

ちょうど、住職さんは托鉢に出かける前の時で、少しだけお話をすることが出来ました。
古い寺歴を、サッと取り出して見せていただきました。
たいしたものです。
歴史も定かでない万善寺など、消えて飛んでいきそうなチッポケな寺だということを再確認しました。

肝心の「仏乗さん」ですが、ご住職にとっては、当山15世大和尚程度の認識しかなくて、仏乗さんの画才に関する話題は出てきませんでした。
やはり折角のこと。
次回の現代彫刻小品展の、この機会にもう少し「仏乗さん」を掘り下げて見ることも必要だな・・と改めて感じたところです。

須弥壇右奥の床に、どうどうと鎮座した達磨さんは、古くは島根に縁のある雪舟さんから、禅画で外せない白隠さんや、ひょっとして長沢芦雪さんとか、江戸中期の蕪村さんやら、南画、文人画と色々な影響が見え隠れしていて、とても面白い研究対象であるとも思います。

何とか予算がついて、仏乗さんと達磨さんと福光石の石彫がむすびつけば良いんだけどなぁ・・

IMG_6236.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1067-6fa3578d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05