FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

導師デビュー 

2012/12/15
Sat. 07:29

暮れも押し迫っているある日の早朝に、携帯電話が鳴りはじめ、出てみると、万善寺がお世話になっている檀家の役員さん。
長らく入院していたお母さんが亡くなったとのこと。
檀家の少ない万善寺で、ほぼ1年ぶりの葬式になりました。

早速枕経を読みに出かけ、色々うかがってみると、広島で被爆していらっしゃった関係で、いくつかの難病を抱えつつ、子育てをしていらっしゃったのだとか。
どうりで、息子さんにあたるこのたびの喪主さんも、若い頃からしっかり者で、万善寺の東堂さんも、長い間ずいぶんんとお世話になって助かっているほどに、重職を務めあげて頂いています。

最近では珍しく4佛、つまり坊主4人で葬儀をつとめます。
年をとっているだけで、まだまだ若造の私が導師を務めることになります。
まわりのボーさんは、みなさん万善寺の東堂さんと肩を並べて半世紀以上この世界で生き抜いてきた、ベテラン中のベテラン坊主。
副住職にあぐらをかいて、だらだらと30年近く東堂さんの代行で逃げまくっていたツケが、今ごろになってボディー・ブローのようにジワジワと効いてきています。

なにより、いちばん厄介なのが衣と袈裟。
東堂さんほど偉くないですから、それ相応の衣が無いのです。
昨日は、決死の覚悟で万善寺の傾いた土蔵にまで入って家捜しをしましたが、適当な法衣が見つからないまま、こうして葬儀当日の朝を向かえました。

私ごときが、金糸銀糸の法衣でおつとめも出来ませんし、結局は、普段使いのもので済ますことにしました。
まぁ、周囲が立派な金襴の法衣ばかりですから、かえって地味なのがそれなりに目立ったりするかも知れません。
そんな感じで乗り切ろうと、決心したところです。

IMG_6421.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1084-3f5254c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-12