FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

まずは目出度し 

2013/01/26
Sat. 06:27

あっ!無事に卒業制作の単位もらえました!卒業できます!いぇーい♡
けど2月中旬くらいまでやらんといけん事が山積みなので、それまで付き合い悪いと思いますがこれからも暖かく見守ってください(;_;)

ノッチから関係者(親しくお付き合いさせてもらっている方々・・オヤジもその一人に入れてもらっている)宛に報告がありました。
まずもって、メデタシメデタシ!
このまま全ての単位を修得出来て、無事に卒業することが出来たら、4月からは晴れて社会人1年生がスタートです。

かれこれ3ヶ月近く、さみだれに送ってくる卒業制作の途中経過を見ながら、色々相談したり助言したりしていたのですが、今になってみると、こんなオヤジでも何かしら頼りにしてくれているようなところもあって、ノッチからのメールや電話をドキドキウキウキしながら待っていたように思います。

最後に届いたのは、今は亡き吉田家最長老だったシェパ爺。
とても良く描けていると思います。
こういう切り口をみると、一見遊び狂ってチャランポランな暮らしをしているようなノッチの、実は真面目で堅実な一面がにじみ出ていて、その真っ直ぐな制作の姿勢に好感が持てます。

モデルになったシェパ爺も、2月10日で1周期を向かえます。
ノッチが無事に卒業制作の審査会を乗り越えることが出来たのも、シェパ爺の助けがあったからかも知れません。
そのシェパ爺は、ノッチがまだ幼稚園に行くか行かないかの頃に、小学生のじゅん君達が保護した野良犬でした。
縁あって、吉田家の番犬から彼の人生(犬生というのだろうか?)が始まって19年と10ヶ月。
その大往生は私が看取りました。
その時、何か吉田一家の行く末に、ひとつの大きな節目を感じたことを覚えています。
そしてほぼ1年後、シェパ爺とも縁の深いノッチが人生の節目を乗り切ろうとしています。
これも何かの縁でしょうか?

http://tetujin29.blog31.fc2.com/blog-entry-776.html

543822_519896158030908_1364394757_n_20130126063213.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1125-4e9fe613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08