FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

春よ来い 

2013/02/21
Thu. 08:29

油が高くて干上がっています。
石見銀山の吉田家では、じゅん君が夜中に帰ってゴソゴソと灯油缶をあさって、朝までストーブつけっ放しのまま寝ています。
朝シャワーのお湯も、吉田家は灯油。
もちろんお寺の暖房は、本堂も含めて全て灯油。
救いといえば、リビングの薪ストーブ。
薪代は、焚き付けの裁断落ち端材がひと冬5〜6千円程度。
あとは、チェンソーの油代がせいぜい1千円と私の流した汗代。
これで薪ストーブがなかったら、灯油代がどれだけかかるのか、考えただけでもゾッとします。
いつもは何気なく見過ごしている裏庭の水仙の芽吹きも、今年は何となく春がすぐそこまで近づいてきているように見えて、がらにもなく開花を期待したりしてしまいます。

IMG_6993_20130221082753.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1151-e09b7da2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08