FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

初午さん間近 

2013/03/15
Fri. 09:46

まことにお恥ずかしい話ですが、昨日午後、ギリギリセーフで申告を終了しました。
今年は、足の具合も悪く、ヨタヨタと杖をつきながら税務署の玄関を入ったのですが、そのせいか、税務署職員の皆さんにやたらと親切に対応していただいて、とても気持ちの良い申告となりました。

自己申告というと、最初の1年目が50歳を過ぎてからはじめてのことだったので、市役所納税課の窓口の職員さんがつきっきりで半日近く、分厚い対処本片手に色々丁寧に教えて頂いたことを思い出します。
その時は、今の数倍も事業収入があったりして、
「今後業績が拡大することも十分考えられるわけですから、今のうちに青色申告に切り替えておかれたほうが良いかも知れませんねぇ・・」
などと、見通しの明るそうな助言(言いくるめられたのかなぁ??)にグラッと心が動き、事のついでと、ついつい切り替えの事務手続きをしてしまったことを思い出しました。

その後、単気筒1馬力ワンオーナーの経営が不振で、どんどん業績悪化。
巻き返しギャラリーオープンも、万善寺老僧の病状悪化介護開始で空中分解。
再度の軌道修正で展覧会企画事業に切り替えて現在に至る。
・・・ってところです。
これに、万善寺の事業が時々加わって、その間は寺暮らしになるわけですから、なかなか落ち着かないまま、月日が虚しく過ぎて、また次の自己申告が巡ってくる・・ということの繰り返しが現状です。

ひとまず今年の節目の一つを乗り切ったし、まずは気持ちを切り替えてこれから初午さんとお彼岸の仕事にとりかかります。
おかみさんの長々と続く日常会話の中にちりばめられた要点を繋ぎ合わせると、寺の老僧夫婦は、ついにというかやっとというか、今年は色々な仏事から一切手を引くようなことをいっています。
それも何処まで本気なのか、何時まで覚えているのかわかりませんが、春彼岸は万善寺唯一の檀家さんがお参りくださる春の行事ですから、人生60年近くになってはじめてこれを采配できると思うと、ちょっとウキウキ。
これからの一週間は、彫刻のことを頭の収納庫にしまって、坊主家業に専念したいと思います。

IMG_7118.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1173-171a9741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05