FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

在りし日の勇姿 

2013/05/21
Tue. 04:40

ポンコツ君のクラッシュで、現在安い中古車を検索中。
気がつくとすでに夜明けになりつつあります。

こうして久しぶりに市場を見ていると、中古車も結構高くなっているような気がします。
世間の景気がこのようなところでも影響しているのでしょうか?

一方・・・万善寺のほうは・・・
昨夜が通夜で今日が葬儀。
久々の3仏(坊主3人)の葬儀は、超ベテランの和尚さんにはさまれて、真ん中のチキン導師は小さくなっています。
事故処理の合間を縫って書き上げた引導も、まだ数回しか読み返していないし、法式の次第もどこまで頭に入っているやら曖昧なまま本番に望むことになりそうです。
もっとも、ベテラン和尚さん方のアドリブもなかなかのものなので、あまりキッチリと次第を覚え込まないでおいたほうが良いのかも知れません。
それに、アドリブの方は元気だった頃の万善寺老師に散々鍛えられているので、何とかなるだろうと気楽に考えるようにしています。

枕経から仮通夜と、故人のご親族さんへ密かにお経指導をしておいたせいか、昨夜のお通夜の親族席からは、とても大きなお経声が聞こえてきて、久々に気持ち良く(??)お経を読むことが出来ました。
100歳を越えて大往生のおばあさんもさぞかし喜んでいただけたことでしょう。

いずれにしても、あれだけのクラッシュ事故のあとで、無傷のままこうしてスケジュールの大きな狂いもなく仕事が出来ているのは、万善寺ご本尊の観音様の御陰と思っています。
昨日は、塔婆書きなどの葬儀法務の合間を縫って、事故現場のお清めに行ってきました。
精いっぱいの大きな声で般若心経や観音様の御真言を読み上げると、何となく自分の心の乱れも薄れたような気がします。
何時何処で何が起きるか見当もつかない毎日で、ことの運不運は本当に紙一重の世界だということを実感しました。
頂いた命を大切にして、残りの人生を悔いなく全うしたいものです。

IMG_0001.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1240-d62521cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05