FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

チョットだけ昔々・・ 

2013/05/31
Fri. 08:32

昔々・・といっても、さて30年ほど前のことだったか・・
まだ、島根県の山々に松食い虫が入り込まないでいた頃・・
青々と茂った松林を眺めて、都会からやってきた観光さんが云ったそうな・・
「いやぁ〜、島根県は自然がいっぱい残っていてすばらしいですなぁ〜」
たまたま道ばたの田んぼで農作業をしていたおじいさんが、その観光さんに答えたそうな・・
「いやいや、あの松の木は、山で働く人々がずいぶんと昔々に植林した松が大きく育って林になったのですがね」

昔々・・といっても、さて20年ばかり前のことだったか・・
まだ、石見銀山が世界遺産に登録されるなど予想もしていなかった頃・・
鄙びた町のたたずまいを眺めて、都会からやってきた観光さんが云ったそうな・・
「いやぁ〜、竹林が茂ってせっかくの遺跡も見る影がありませんなぁ〜」
たまたまその遺跡に入り込んで調査していた職員のおじさんが、その観光さんに答えたそうな・・
「いやいや、あの竹林は、昔は鉱山の道具に使って、今は鉱山遺跡の風化を守ってくれている大切な竹なのですよ」

外観を見て想像したただけで、中身の実態を正しく理解することはなかなか難しいものです。
何も知らないでいると、自分の想像がいつの間にか本当の出来事のように思えてきて、本人も気がつかないまま思い込みの作り話をしていたりすることってありがちです。

今から500年ほど前の島根県の山間部は、日本で有数の一大工業生産地帯であったわけです。
過去の歴史は正しく後世に伝えないといけませんね。
現代彫刻小品展のワークショップでは、作家の彫刻家も交えて、みんなで楽しく石見銀山の歴史に思いを馳せていただきたいものです。

IMG_1250.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1250-ac16c6f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05