FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

コツコツ・・ 

2013/06/02
Sun. 07:05

朝のうちにポスターを貼らせてもらいながら石見銀山の町内をぐるっと一周して帰宅すると、何となく一日の一仕事終わったような気がして、コーヒーなどすすりながらしばらくボォ〜っとしてしまいました。
石見銀山は高齢者の多い町ですから、朝が早い上に週末から日曜日にかけての日中は、観光さんのザワメキを避けて玄関に鍵をかけて引きこもる住民が多いので、そのような方々とお話が出来るのは早朝の朝ご飯時が一番なのです。

たった数件の早朝お宅訪問も、もろもろ立ち話などしながら歩いていると、そのうち観光さんの姿をアチコチで見かけるようになり、普段着のおばあさんはそそくさと玄関内に入り込んだりします。
世界遺産になってから、なんとなく町の様子がよそよそしくなってしまったような気もしています。

気持ちを入れ替えて、燃料を継ぎ足しがてら大田の市内へ出かけました。
その頃から何となく空の雲が厚くなり始め、何時雨が降り始めてもおかしくない様子になってきたし、午後からはキーポンの吹奏楽発表会を聴きにいくことになっているし、そんなにまとまった時間も残っていないから、擦り寄ってくるクロにリードを付けて物干し場へ移動。
少し前にもらっていたゼオライトの塊をコツコツたたき始めたらしだいに周囲が見えなくなって、洗濯物の真下で手のひらに乗るほどの石を彫り始めたのでした。
さて、何が出来るでしょう?
6月に入って、「彫刻展の仕事も増え始めたはずなのに気楽なものだ」・・と、どこかで冷静な自分の叱責を聞いたような気がしないでもないままコツコツたたいていたら、アルバイト帰りのワイフにたっぷりと叱られてしまいました。
「せっかく洗った洗濯物の下で何してるのヨ!石のホコリで汚れちゃうでしょ!それでなくても猫の抜け毛がとれなくて洗濯大変なのにィ〜!」
ハイ!ごもっともでございます・・・
ゼオライトの粉の上を歩き回っていたクロちゃんをつれて、そそくさと退散したのでありました。

やっと譜面をさらった程度のキーポン達の演奏に興味のある方は、facebookでチェックしてください。
さて、これから何処まで曲の完成度が高まるか・・楽しみです。

IMG_0177.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1252-ddaed45e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05