FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

きもちのきりかえ 

2013/07/06
Sat. 06:21

石見銀山の彫刻展がひとまず終了して、その事後処理・・つまり報告書の作成に取掛かろうとしていたら、次々といろいろな話しが舞い込んで、優先順位の上下が入り乱れ、オヤジのアナログハードディスクは事務処理能力の限界に近づき、何時になく激しい耳鳴りに襲われています。

まずは・・今年も目出度く声のかかった「三原谷の川の風まつり」
このところ兵庫県竹野町の皆さんには、吉田のわがままをアレコレ聞いてもらって、ひとかたならぬお世話になっているので、
「もう、あんなわがままなヤツの云うことなんてぇ、聞いてられねぇや!(江戸弁で失礼)」
「そがァ、そがァ、そがだがネ!(大田弁で失礼)」
・・なんてかんじで、もう、口をきいてもらえないものとアキラメかけていたら、事務局の田仲さんから軽めのノリでメールが舞い込み、俄然気合いが入って、一気に企画原案を作成したところです。
この竹野町のイベントは、石見銀山の現代彫刻小品展と一緒に、ヨレヨレオヤジのライフワークになりつつあります。

そして・・何と!現代彫刻小品展スピンオフパート2開催決定!
「2013現代彫刻小品展in浜田」開催となりました。
会場:浜田世界こども美術館
期間:8月5日〜13日
一気に印刷原稿を作成して、広報活動に入らなければいけません。
準備期間が短いだけに、気苦労の多い毎日が続きそうです。

いっぽう・・万善寺はというと、1年越しで完成にこぎ着けたお檀家さんの墓地移転と墓石新設の点眼と年回法事。
50年の年回にあわせて、墓石新設を計画したものの、お役所の許可がなかなか下りなくて延び延びになり、ひとまず内輪だけの仮の年回法事を終わらせて待つこと半年。
この度目出度く墓石点眼となった次第。
「50年云うと、もう生前の様子を覚えちょる者も少ないですけぇねぇ〜。次の代にやぁどうなるかもわからん時代ですけぇ・・今ちゃんとやっとかにゃぁ親しい身内も顔を揃えることが出来んようなりますけぇ・・」
今時、珍しいほどキッチリと筋道を通してお考えのご主人さまです。
そんな事情で、夕食前に墨を摺り始め、3枚の塔婆を書きあげました。
修證義全章に観音経・・などなど、念を込めておつとめさせて頂こうと思います。
あぁ〜、病み上がりのくるぶしと膝が正座に耐えられるだろうか・・
オヤジの意地と根性で乗り切るしかありません。

IMG_1465.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1287-7c9a5259
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05