FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

搬出旅行 

2013/07/13
Sat. 05:44

石見銀山は暑い日が続いています。
雨も降る気配がありません。
このところ、1週間の半分は赤名高原の万善寺に通勤坊主。
結構大汗かいて草刈などしているわりには水分補給の度が過ぎるのか、いっこうに痩せる気配もありません。

1ヶ月は早いもので、栃木に彫刻を持っていってから、もう搬出の時期になります。
夕方には、空の箱トラックで島根を出発します。
その前にいろいろ片付けることもあるし、忙しい1日になりそうです。

昨夜は、久々に20代の若い娘と話しました。
その娘はじゅん君より二つ三つ若いはずです。
すでに個人事業主で、アチコチからデザインやイラストなどの仕事をもらって、休む暇もなく忙しく働いています。
島根の片隅の小さな田舎町でも、若さと特技と腕があったら、十分過ぎるほどの仕事が舞い込んでくることを身を以て証明しているけなげな娘です。

俗っぽいことを云うと、現在のヨレヨレオヤジより断然高収入。
若いと云うことは本当にそれだけで財産だということを痛感します。
思い出すと、かくいう私も、島根に帰る前は結構仕事もコンスタントに舞い込んで夜な夜な豪遊していた頃もありました。
今となっては、思い出の世界に過ぎ去っていった酸っぱい事実です。

さて、彫刻のこと・・・
今年は秋から冬にかけて久々の個展が出来ないかと計画を進めています。
石見銀山での現代彫刻小品展も気がつけば4回目が終了しました。
ざっくりいうと展覧会の企画運営など、そのほとんどが人の世話で終わるようなものです。
それなりの見通しと、それなりの目標が無いとなかなか続けられるものでもないほどの地味で地道な活動です。
周囲の友人や関係者も、こんな地味な活動に文句も云わずよくついて来てくれていると、頭が下がります。

栃木での美術展はすでに21回目を迎える長寿企画。
すごいことです。
作家や住民など、20年以上もの間にどれほど多くの人々が関係し、リピートし、通り過ぎていったことでしょう。
ありがたいことに、私がこの美術展へ参加させて頂ける機会を得たのも2回目。
島根県での彫刻展を思いついたのも、この美術展が目標になっていたりします。
この度の搬出旅行では、彫刻と一緒に色々なデータや情報など持ち帰ることが出来たらいいなぁ・・と思っているところです。

IMG_0518.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1294-0f339b86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08