FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

第21回大田原市街かど美術館終了 

2013/07/17
Wed. 09:16

ほぼ60歳のオヤジに、なれない長距離ドライブ(2トン車の)は、結構こたえますなぁ・・

栃木県の黒羽町で開催されていた街かど美術館の最終日。
せっかく彫刻を展示させてもらったし、黒羽町の町並みや展覧会運営の様子も観てみたいし、もちろん、出品者の彫刻を観たいし・・・というわけで、2トン車運転して搬出に出かけてきました。

いろいろ溜まった用事も無いわけではありませんが、なかなか巡ってくるチャンスでもないし、出不精のオヤジにとってこういう機会でもないと、そう何度も訪問することもないだろうと、思い切ったわけです。

約束の閉会時間の13時を待って、彫刻を片付けはじめました。
いつものことながら、最近の彫刻は、最悪一人でも何とか搬入出出来るように重さの加減や形のバランスのことを工夫しながら制作しているので、まぁ、のんびりその日の夕方までに片付けて出発出来れば何とかなるだろうと、道中の日程を調整しました。

結果、美術展主催の地元スタッフの皆さんが3人も手伝ってくれて、搬出作業終了が15時30分。
地道に玉石を拾い集めながら、地元の黒羽町のことや、私の暮らす石見銀山のことや、それぞれの地域の名産のことや、夏は暑いだの冬は寒いだのアレコレ情報交換などすることも出来たし、これも私にとっては自分の彫刻の役目なのだと思うようにしていて、とても満足した展覧会になりました。
そして何より、前々から実験してみたかった彫刻の見せ方がそれなりのデータとして収拾出来たことは成果です。
この結果を石見銀山での個展や、赤名高原での彫刻展の企画に繋げたいと思います。
・・そこらへんのリサーチが次の課題として残されたような気もします。

玉石の撤去などつまらない仕事にせいを出していただいて恐縮しているところへ、
「お手伝いさせていただいていい思い出になりました。ありがとうございます」
・・・お礼までいただいた感動は忘れません。
なかなか普通に云えることではないと思います。
主催実行委員の皆さんの実行力と実力に頭の下がる思いでした。
「こちらこそ・・・ありがとうございました・・・」
寝ずの運転で翌朝の9時30分島根へ帰着。
赤名高原のオシャレなレストラン前庭に無事設置終了。

そして・・多少の疲れを残しつつ、いつもの石見銀山の1日がスタート。
さきほど、キーポンを学校まで送り届けてきました。
さぁ〜、気持ちを切り替えて・・しばらく留守にして溜まった用事を、一つずつかたずけましょうかねぇ〜

IMG_1598.jpg

IMG_1669.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1298-92fe72e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05