FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

わがままもの 

2013/07/23
Tue. 08:30

「ポスターとチラシ、今日発送しましたから明日には届くと思います!」
いつもお世話になっている印刷屋さんから連絡が入ったのは月曜日。
その印刷屋さんへ原稿を入稿したのが前の週の金曜日・・・
超特急の印刷で対応してもらって、本当に助かっています。

そんなわけで、8月は万善寺のお盆行事でいっぱいいっぱいなのに、浜田のこども美術館でこの時期が一番いいということで、石見銀山の現代彫刻小品展巡回が決まったのでした。
吉田の超個人的な我がままで、「1つの企画は2回続けること!」と、なにげに決めていて、今回のこども美術館での巡回展もその2年目。
「なにをやっても1回目は勢いで乗り切れる。成功の有無は2回目で見えてくる」
・・・といつもながら思っているわけです。
べつに、確たる根拠があるわけでもありませんが、長年のノリでまんざらハズレもないなあとそんな風に感じています。

「彫刻家は彫刻を造っていればそれでいいのだ!」
という声も、チラホラ聞かないでも無いですが、私はどうもそのように簡単に割り切ることが出来ません。
せっかくこまめに時間を調整しながら彫刻を続けているのだから、出来るだけ多くの皆さんにその成果を見てもらいたいし、あわよくば購入して手元に置いてもらいたいし、伸び盛りの彫刻家などいると、出来るだけ発表の機会をふやしてもらいたいし(大きなお世話かも知れないけど・・)などと色々考えると、どうしても「展覧会」は外せないのです。

その展覧会も、つらつら考えると、個展以外はほとんどあらかじめお膳立てされた規約の中で出品料など払って彫刻を展示してもらっているばかり。
人それぞれに時代の大小の波を乗り越えているはず。
「今がピークだ!」と感じるビッグウエーブは、出来るだけ自力で乗り切りたいと思っています。
彫刻展の付き合いの中で、彫刻仲間の何人かは、少しずつ次の目標を探し始めたように感じたりもしています。
八方迷惑をかけていることは十分承知ですが、今しばらく我がまま者につき合ってやって下さいませ・・

2013浜田ポスター仕上り見本原稿

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1304-a407fbc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05