FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

喝ッ!! 

2013/07/30
Tue. 05:55

めまぐるしい1日でした。
斎場と施主さんの都合で、剃髪と授戒を朝の8時過ぎから始めることになって、自宅を出発したのが6時半。
石見銀山から松江まで9号線と山陰道を経由して約1時間半。
旅慣れているとはいえ、彫刻の搬入出とはチョット訳が違って、何より改良衣に雪駄履きのスタイルで運転ですから・・
それでも、何とか荼毘のお務めまでこなして、お葬式が始まるまで待つこと4時間。
老僧の付き合いで待つことには慣れているので特に気にすることもなく、のんびりと読書などして、昼食のお弁当も完食して、コーヒーのお変わりもしてくつろいで、さて、大衣に錦糸の袈裟など付け始めると、どうものどの具合が悪い。
なんかカサついて声が出しにくい。
あれれ??と思いつつ、お葬式の時間になって入場。
焼香したりアレコレしてお経を始めたら、声が続かない。
ヤバイと思いつつだましだましマメなブレスでつなぎ、咳をこらえながらお経を続けていると、所々で声がひっくり返ってもう大変。
引導の頃になってやっとのどが慣れてきて、音程が狂ったままやけくそで「喝ッ!!」

つらつら考えるに、原因はエアコンでした。
なにせ、湿気のたまり場のような石見銀山に暮らし、エアコンなどほとんど使わない爽やかなマイナスイオン降り注ぐ赤名高原と行ったり来たりの生活で、私の身体は完全に湿っぽい環境に染まってしまっているのです。
たった半日空調の整った部屋で過ごしただけで、身体ガタガタ。
さんざんな思いをして帰路についたのでした。

そうそう、なんだかんだ言っても、せっかく松江でフリータイムも出来たことだし、前々から狙っていたブックオフ松江店へ行ってきました。
改良衣で店内に入ると、誰彼かまわず視線の集中砲火。
別に、こっちはそれも正装の一つなので全く気にもしない。
例の如く、105円の文庫本と250円のCDを買いあさり、パラパラめくっていたらかわいらしい栞まで出て来て、チョット得した気分。
久々に我が家のライブラリーが若干充実したのでした。

IMG_1760.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1311-167ecda2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08