FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

ハジマリはじまりぃ〜 

2013/08/05
Mon. 04:16

いわみぎんざんはぁ〜〜、きょぉもぉ〜〜、あぁ〜めぇ〜えぇ〜〜〜だぁったぁ〜〜〜〜
ワワワワァ〜〜〜〜〜・・・古くて字余りィィ〜・・・

まぁ、そんなわけで(??)朝も早くから雨の中セッセと荷造りして、今では仕事に欠かせないパソコンなども愛しのデッキバン君の助手席にに積み込んで、しっかりシートベルトも装着して、石見銀山の吉田家を出たのは朝の7時前。
この前の大雨で道が無くなってしまったので、万善寺までの新ルートを開拓しようと、早朝から出発したのでありました。

地元の詳しい方々に、それとなく回り道などを聞き込んで、おおよそ目星を付けて道を探りながら走っていると、思わぬところで知った道に合流したりして、心もウキウキ。
たまには、目的も無く(実はあるんだけど・・)アチコチさまよってみるのも良いなぁと思ったりします。
考えてみると、いつも走っていた谷の二つ三つとなりの谷に沿った、地元の住民しか使うことの無い生活道を見つければ、それなりに何処かの主立った町へ合流するだろうということは想像出来て、結果、所要時間は5分程度超過の45分で万善寺へ到着できました。
これからしばらくは、そのルートが私の通勤道になります。

さてもう一つ忘れてならないのは浜田の現代彫刻小品展。
こちらの方は、私の棚行の裏番組で、のりちゃん、石金さん、松田さん、それに朝6時出発で浜田まで来てくれた周藤さんたちが展示作業をしてくれました。
私の方も、予定通り棚行を終わらせると、大急ぎで改良衣を着替えて万善寺を出発したのですが、美術館へ到着した時にはすでに作業も終了してみなさん解散した後。
のりちゃんと周藤さんが残ってくれていて、応急の打ち合わせなどして我々も解散。
途中、寺の老師夫婦へ豪華な夕食の食材を買い込んだりしつつ、夕方になって寺へ帰着しました。

浜田世界こども美術館での現代彫刻小品展初日はのりちゃんが受付をしてくれます。
私の方は棚行から引続いて手間替えの臨済宗古刹観音寺施餓鬼会。
・・・今年は天候不順のままお盆務めがはじまりました。

IMG_1793.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1317-bde061d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08