FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

法式作法 

2013/08/19
Mon. 08:31

波乱の万善寺恒例各種盂蘭盆法要が終了しました。
見事に「恒例」の如く、毎年何か予期せぬ出来事が起きる万善寺。
今年は、例年になくパワーアップした、ドタバタ法要になりました。

まずは施食会・・・
本尊上供が終わって、南面施食会棚へ転じてさぁ〜これから導師香語・・・という時に、万善寺東堂老師が火のついた線香を持ってズカズカと(とりあえず導師の)私の隣へ・・
「ホイ、コレェ〜ッ!」
「えっ?、もう火をつけてそこに置いてあるんだけど・・ほら・・」
「フン、そがか!」
しょっぱなからつまずきの始まり。
その後、維那(いの)の維那〜詳しい意味は何かで調べてくださいませ〜まで始まって、もうガタガタ。
打ち止めがまさに、太鼓。

次に大般若会・・・
導師は大汗をかいてその場を取り繕い、やっとドタバタ法要が一つ終わったと思ったら、何といつの間にか改良衣に着替えて登場。
久々に見る東堂さんにお檀家さんもビックリの大喜び。
東堂さん、益々調子を良くして、導師を指さし指揮。
導師深呼吸して香語を始めるも、心乱れて支離滅裂。
三拝で座具を忘れたことに気付くもすでに時遅し。
まぁ何とかしのいで大般若転読。

昨年は、栄養不足で法要の間もベッドに伏せてどうなることかと心配していた東堂さんですが、今年は世間があれだけ暑いのにやたら元気で気味悪いほど。
結局、最後の塔婆回向まで東堂さんが仕切って、今年の盆法要は支離滅裂のまま終了。

気がつくと手間替えの和尚さん達も帰ったあと。
グッタリ疲れて、本堂の荘厳など片づけているとすでに夕方。
東堂さんは、何もなかったようにいつもの寺内巡回警備チェック。

もう、完全に私の心はブルーで、脳みそ真っ白。
身も心も鍛えられる8月であります。

IMG_1849.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1331-e4e3d755
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08