FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

良い刺激 

2013/08/31
Sat. 10:37

久々に朝寝をしました。
といっても、キーポンを学校まで送ったり、ほとんどいつもと同じようなものですが・・
それでも、どこかしら気持ちが緩んでいて、たまには半日ぐらいゆっくりするのも良いだろうと思っているところです。

このところ雨続きの島根県東部をマタマタぐるっと一回りしてきました。
仕事は万善寺がらみ。
寺の近所に実家のある施主さんは、代替わりがあって松江暮らし。
色々仏事が続くと結局、施主さんが実家に帰るより私が松江へ出かけることが増えてしまいます。

松江の県立美術館では、丁度島根大学の新井研究室のメンバーがグループ展を開催していて、お経が終わってからそのまま改良衣スタイルで会場へ回ってみました。
新井先生の作品をはじめ、平成3年の卒業生から、現役の学生さんまで、力作や大作が多数展示してあります。
学生のうちは、制作も勉強の一つで避けて通ることが出来ないから、みんな色々考えながらタップリ時間をかけて大作に取り組むことも出来ますが、一度社会に出て自立の暮らしが始まると、なかなか思うように制作の時間や場所が確保できなくなって、次第に作品との距離が遠ざかってしまうということも仕方のないことでよくあることと思います。
表現者にとってはそんな過酷な環境の中で、制作を続けることが如何に厳しいかということは、我が身の現状をみると十分に理解できることです。
とかく安きに流れて気持ちが萎えてしまいがちな若い表現者を集めて、刺激し奮い立たせつつ展覧会にまで仕立ててそれを継続する新井先生のエネルギーに計り知れないものを感じます。
作品の若さには造形のもろさより、未知の可能性の展開にワクワクする瑞々しさがあったりして、経験豊富な老齢作家のコッテリと固まった安定作品よりずっと良い刺激になりました。

おかげで、昼食は抜きになりましたが、別の意味の満腹感と幸福感を維持しつつ、一路赤名高原へ移動。
観音さんと、お地蔵さんと、ご先祖さんと、初盆供養と、古墓一切不残と、万善寺の事務を若干こなして石見銀山へ帰宅。
秋雨前線の影響で終日降り続く雨の1日でした。

今も石見銀山は時折ザッ!っと激しい雨が降っています。
もうしばらく、ネコチャンズと一緒にゴロッとさせてもらおうと思います。

IMG_1912.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1343-4d40dbd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08