FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

経木塔婆と彫刻 

2013/09/05
Thu. 07:31

頼んでおいた経木塔婆が到着。
雨も降るし、青空工場で溶接や溶断など出来ないので、墨を摺ることにしました。

お盆が落ち着いて一段落すると、秋の稲刈りの合間を縫って、観音さんや弘法さんなどのご縁日供養を頼まれます。
それぞれの地域や施主家の都合で連絡を受けながら日取りを決めて、塔婆書きをしてお務めをします。
代替わりがあると、その度に少しずつ依頼の施主さんが減っていますが、それでもいまだに恒例仏事で残っていることも多いので、このところ1週間に一度は墨を摺って、まとめて塔婆書きをしたりしています。

南無観世音菩薩尊前為先祖代々供養・・
南無弘法大師尊前為先祖代々供養・・

最近は、宗教の世界もデジタル化が進んで、塔婆1枚もすでに文字が印刷してあったり、印刷済み文字シールを貼ったりして坊主の手間を省くような工夫も出来ていて、古墓のお墓参りなどすると、そのような塔婆を見る機会が増えてきました。
絵もまともに描けない私など、筆で文字を書くなど至難の業で、ナメクジがはったようななんとも不甲斐なく緊張感のない字しか書けないので、かえってそのようなシャキッとした印刷物に頼る方が良いのかなあと思いつつ、一方で最近の宗教界は全てお金がついてまわるというより、お金の方が先走ることの方が増えたりもしていて、業界の流行から取り残された山寺としては、塔婆一枚に贅沢を出来る訳もなく、まぁ、時間もソコソコあることだし、せいぜい多くて数十枚のことで、墨を摺りすぎて腱鞘炎になるほどのことでもないし、極力無駄な出費を抑えてアナログ人間塔婆書きマシーンを徹している訳です。

今夜・・といっても、深夜に石見銀山を出発して一路九州へ・・
翌早朝、朝寝をむさぼる彫刻仲間を叩き起こしてほぼ完成している彼の彫刻の寸法や角度を測ったりして用事をすませ、通勤時間帯割引に便乗して高速に乗ってお昼すぎに石見銀山帰着・・というスケジュールを組み立てているところです。
自分の彫刻は裁断すら出来ていない状態でウロウロばかり・・・

何十年も前にも、今年のように秋雨前線の影響で制作が遅れて展覧会ギリギリセーフで彫刻を間に合わせたこともあったなぁ・・・などと、ひとごとのようにノンビリと思い出したりしつつ、朝から墨を摺っているところです。

そうそう、今日はキーポン学園祭最終大イベントの体育祭・・らしい??
一応人並みに思春期らしい彼女は、学園祭情報を吉田家内に全く持ちこみません。
降り続く長雨でグランドの状態も良くないだろうに、勉強道具を置いたままワイフ手造りの弁当を持って登校しました。
オヤジも娘もこれから1日どうなることやら・・

IMG_0018.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1348-3d2618ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08