FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

オヤジの1日 

2013/09/22
Sun. 08:50

べた凪の海・・
久しぶりの優しく包み込むようなおとなしい日本海を観たような気がします。
ここは、兵庫県竹野町までの道中、鳥取県岩美町を過ぎて178号線が日本海に急接近したあたり。
島根県の石見銀山を竹野に向かって出発したのが11時。
さすがに週末土曜の国道は乗用車の列で若干渋滞気味。
先を急ぐこともあって、贅沢に山陰道を走行。
愛しの結界君もオイル交換したばかりですこぶる快調。
ぬけるような青空を見上げながら、「こんないい天気だと青空工房の仕事はかどるだろうなぁ〜」と、チラリ彫刻のことが脳裏をかすめる。
前の夜に耳のお伴のiPodにジャンル入り乱れた音楽をあれこれかまわずビッシリ詰め込んで、久々にドアがビビるほどの大音量を満喫しながら快調に走行。
途中、浜坂の手前で178号から左折して海岸線で港まで走って、そこで魚づくしの豪華な遅めの昼食。
夕方になって竹野町へ到着して、そのまま竹野浜方面へ直行。
地元の青井石採石場直下の石屋さんを訪問して、世間話をしつつ、今度の「三原谷の川の風まつり」搬入出お手伝いを打診。
豊岡方面へ少し走って、島根県より10円ほど安いリッター148円のガソリンを給油。
これで、石見銀山までの帰路は大丈夫。
18時を過ぎてやっとお目当てのお祭りイベント第1会場になる旧大森小学校へ到着。
待ちくたびれ気味の事務局田仲さんとさっそくスケジュールの打ち合わせ。
彫刻の設置場所や、個展ワークショップの確認、会場の教室手配など幾つかの具体的に踏み込んだ話しをして、そろそろ我慢も限界の田仲さんがプシュッ!
ハーフ&ハーフを自作してまずは「おつかれぇ〜〜!」で乾杯。
その頃になって、早めの夕食を片付けた桑野本のみなさんが三々五々集まって、小学校居酒屋が本格的オープン。
帰りのこともあるので、途中から2ℓのお茶に切り替えてグビグビ飲みながら談笑。
今回参加の絵画個展作家のおねえさんが、いい具合に話題の種になったりして、地元のみなさん多いに盛り上がって、気がつくと21時。
「そろそろおいとまを」ということになって、さりげなく中締めに切り替えて一路石見銀山へ。
途中若干眠気が襲ってきたものの、竹野町往復の1日を助手席でつき合ってくれたおねえさんの御陰で、睡魔を打破して午前2時前に無事吉田家着。
書斎兼用の四畳半から「あら、早かったのねぇ〜」と、ワイフの声。
「あれれ?今夜のオヤジは何処で寝ればいいの?」と一瞬不安がよぎるものの、
「キーちゃんが寂しがってたから・・、それじゃぁおやすみ!」
IOSのバージョンアップがどうとかこうとか夜更かしのキーポンは、結局何時ものようにオヤジの横でゴロゴロ。
旅の汚れをシャワーで落として、お目当てのドラマをチェックしつつ、そろそろ掛け布団が恋しくなり始めた午前3時、いつの間にか夜の闇の淵へ吸い込まれるように就寝。
誰かさん曰く「自称仕事」をキッチリと片付けたのでありました。

IMG_0140.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1365-55344282
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05