FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

女流彫刻家の痕跡 

2013/10/04
Fri. 09:02

女流彫刻家のワイフは、1週間のほとんどを石見銀山周辺の幾つかの小さな中学校で美術を教えながら、料理や洗濯などの家事をこなし、なんとか委員とかなんとか会議とか、平日、休日、昼、夜関係なく働き動きまわって、その合間をぬって彫刻を造り続けているという、スーパー肝っ玉おかあさん彫刻家であります。
そのワイフが、9月に入ってから大田市で1、2のマンモス校(といっても、島根県のことですから知れてますけど・・)に通勤するようになりました。美術の先生の産休代用教員を今年度いっぱい引き受ける事になったのです。
このたびの展覧会に向けた彫刻制作は、彼女にとって例年になく辛くて大変な苦労だっただろうと、勝手に想像しています。
泣き言や愚痴はいっさい聞こえてこないまま、それなりに力作で完成度の高い彫刻を造るなど、同業として頭の下がる思いです。
つき合って結婚してこどもが出来て、もう30年以上の付き合いになりますが、その間、1回も休む事なく彫刻を制作して展覧会出品を続ける事の苦労は並大抵のものではありません。
欲や打算や戦略で凝り固まった脳みその、ほんの端っこの方でチョイとひねり出して技で仕立てた軽々しい彫刻とは訳が違います。
そんな反面教師が同居していたりすると、さぞかし本人はイライラしていることでしょう。
だから、食卓が彼女の彫刻作業台になって朝食が少しばかり遅れてしまっても、制作中のキズの一つや二つ増えたりしても何とも思いません。
かえってそのキズが「女流彫刻家吉田満寿美ー2013年の彫刻ー」として、歴史に残る痕跡になったりして、食卓制作者としては誇りに思ったりしているところであります。

IMG_0222.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1377-880ae72a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08