FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

展覧会のお知らせ 

2013/10/14
Mon. 07:01

坊主頭の彫刻家(坊主彫刻家ともいう)にとって六本木と云うと、この5〜6年は国立新美術館。
もう随分前の、まだアフロだったりポニーテールだったりした頃の彫刻家の卵時代は東京都立美術館。
展覧会の会場が違うほどの作家歴をこういう時に再認識します。

その国立新美術館ですが、このまま10年経っても50年経っても「新」の名前が残っていくのでしょうね。
1回目のオリンピックで出来た新幹線も、オリンピック2回目の開催がきまるまでの歴史を積み重ねつつ、いまだに新幹線。
新名神や新東名も出来て若干移動が便利になったかもしれないけど、次に出来る第3の高速道や鉄道はどんな名前になるのでしょう。

東京都立美術館は、私が学生の頃からすでに3回目の改築。
時々、小津安二郎さんの映画に出てきた昔の「都美館」を観て懐かしかったりします。
ヘンリー・ムーアの展覧会で朝もやの都美館に立つ彼の彫刻を観て感動したのは、改築後の同じく「都美館」・・・

そういえば、東京タワーが「新東京タワー」にならなくて、「東京スカイツリー」と命名されたときは島根の田舎で拍手しましたね。
まぁ、今の吉田にとって50年後の国立新美術館がどうなっているかなどどうでも良いような事ですけど・・・
未だに国立新美術館で迷ってしまうオヤジのつぶやきに託して、まずは展覧会のお知らせまで・・

IMG_0391_201310130701393ae.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1387-8aa07e30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05