FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

四苦八苦 

2014/01/01
Wed. 06:30

2014年になりました。
山寺の和尚さんは、除夜の鐘をついて・・と、数年前までそうだったんですが、このところ、高齢化のすすむ東堂さん夫婦が、老体にむち打って百八つの煩悩を必死で払い落とそうと頑張ってくれています。
ときおり、ワイフがなにやら願いを込めて神妙な面持ちで鐘をついています。

私はこれでも坊主の端くれですから、1年の終わりの数分間まで煩悩に悩まされることもないし、1年のはじまりには、世界の平和や仏法興隆を願ってキッチリと念を込めつつ新年のおつとめをするので、除夜の鐘の方は万善寺の家族に任せることにしています。

108というと、三世に渡るさまざまな煩悩のことを謂うとか、色々意味付けられているようですが、私が子供の頃は、正月早々から子供に勉強でもさせようと誰かが思いついたのか・・4989の数字をあてて、「4×9+8×9=??」などと教えられたりしたものです。
漢字で書くと「四苦八苦」というやつですね。
誰が思いついたのか、なかなかよく考えられて説得力がある(この計算式が)とあとになって感心したものです。
今ふりかえると、ずいぶんと長い間、この計算式の説を信じていたような気がします。

こうして、毎年のように年末から新年にかけてどっぷりと坊主家業に浸かって、純和風の暮らしがしばらく続きます。
今年の元日も早々から早起きをして3時にはおつとめをはじめたところです。
まずは、顔を洗い、その年はじめて汲んだ井戸水を湧かし、その湯を使ってお茶を入れ、白湯と一緒に本尊さんや両開祖さんなどへお供えをします。
お経と回向と三拝と焼香をひたすら繰り返し、だいたい2時間ほどのおつとめがおわって朝の5時くらい。
それから少し仮眠していると、ワイフが「しょぉちゃぁ〜ん、あさごはんですよぉ〜」と声をかけてきて目覚める・・といった3が日が毎年の恒例になっています。
そうそう・・それに、私の場合は密かにその時々のテーマ曲を選定しています。
今年の目覚めの曲は、Bill Evansの「Beautiful Love」
もう何年もつき合っている右の耳の耳鳴りをバックに、なかなかいい感じで、あの定番のフレーズがとろけた私の脳みそをくすぐってくれます。

毎年変わりなくこのようなお正月です。
そして私は、ことしで60歳になりました。
やっとジジイの仲間入りです。

ジジイがジジババの面倒を見ることになります。
ジジイになりましたが孫はまだいません。
ジジイになっても、ワイフは「しょぉちゃぁ~ん」と呼んでくれています。

とにかくジジイですが今年もひとつよろしくおねがいいたします!

IMG_0004_201401011031235ad.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1466-fd21a023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05