FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

魑魅魍魎 

2014/01/12
Sun. 09:41

昨日の夕方からどんどん冷え込んできたので、きっと翌朝は雪解けの水が凍ってバリバリだろう予測して、「キーポン、明日はいつもより早く起きないと、部活遅刻するぞ!」と脅しておいたら、何のこともない、温々とシュラフに潜り込んで睡眠をむさぼっていたオヤジの横にやってきて、そのまますぐ隣の電気ごたつへ潜り込んでしまいました。
ダイレクトにオヤジから起こしてもらった方が良いと思ったのかどうなのか、さすがに末っ子の性格丸出しで、しかる気にもなれません。

三連休の中日の朝食をとっていると、テレビで靖国神社の例の問題を報道していて、なんとなく朝から気が滅入ってしまいます。
気が晴れないまま玄関を出てみると、昨夜の予測を裏切って、路面は凍ることもなく、雪解けの水がそのまま石見銀山の町下へ流れています。
若干気持ちも楽になって、結界君を運転していると、「靖国神社がどうしたの?」とか「道、凍ってなかったね」とか、朝のうちはすこぶる機嫌の悪いキーポンから、珍しく二言三言会話があって、そのまま無視も出来ないので、こちらからもそれなりにもっともらしい回答をしたりしておいたところです。

吉田家のトイレには、親父専用と化した自作のブックスタンドが壁にかけてあって、だいたい1・2冊の文庫本や雑誌などが用意してあります。
ひところは、藤沢周平の短編や安西水丸のイラストエッセイなど、短めの読み物を入れておいたのですが、しだいにトイレへ閉じこもる時間も延びるし、そのうち、東堂さんの通院が頻繁になったりして、最近は、短編集をバッグに入れて、そのかわりトイレの書架には新書本やハウツー本が入るようになりました。
暇つぶしに何もしないでボォーっとしているより、少しは脳みそを刺激しておくのもいいかな・・と云った程度でいろいろチョイスしているわけですが、その時は何となく教養が身に付いた気持ちになって、「これは良い勉強をした」とか「これは覚えておこう」とか「これはどこかで使えるな」とか、ちょっと偉くなったように思っているだけの話し。
結局は用を足してジャーと流したらウンコと一緒に脳みその刺激も浄化槽へ流れ込んでしまって、バクテリアのお世話になって終了!ってことがほとんどです。

それでも忘れきれないで、記憶の何処かに吹き溜まりの如くこびりついているようなキーワードもあって、ちょっとした拍子にそれが刺激になって妄想のカオスにはまり込むことが無いわけでもありません。
今朝も、結界君の道中でのキーポンの会話が気になって、何となく悶々としつつ帰宅したあと、こうして一杯の朝のコーヒーを飲みながら記憶の糸をたぐっていたら・・・
ソォーです!たどり着きました、トイレの書架へ。

春秋左伝の一言・・「公事有公利 無私忌」
石見銀山一帯も、古今に渡って魑魅魍魎百鬼夜行甚だしいわけですが、千代田区永田町辺りにも強烈なゾンビのような魑魅魍魎が巣食っているようですなぁ・・
「公事有私忌 無公利」の輩の都合の良い思弁や詭弁にだまされないようにしないといけませんね。

明日は、万善寺集落のとんど祭りがあります。
キッチリ祈念した歳徳神尊前守護札をお祀りしておたきあげのおつとめをさせて頂こうと思っています。
ピアノアーチスト黒田京子さんのFB投稿から勝手に拝借させていただきました。
ここだけの話し・・と云うことで、盗用陳謝!
内容が気になる方は、「堀文子 東京新聞」で検索ください。
色々出てきますよ・・
あぁ〜〜、このまま歳取っても何時までもクリアーな脳みそでいたいなぁ〜〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<考える>
1月9日付けの東京新聞に、画家・堀文子さん(95歳)が文章を寄せていらっしゃいます。これまで以上に、かなり強い調子で訴えておられ、私は共感したので、ここにアップします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IMG_0007_20140112104148ad7.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1478-9d08ee68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05