FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

ポカポカ陽気 

2014/01/28
Tue. 04:26

気がついたら、もう6時間も延々とpodcast垂れ流しつつ、書斎でまったりと本を読んだり、書き物したり、Amazon巡回したり、exciteニュースをチェクしたりして、久しぶりに夜更かししてしまいました。
このままだとすぐ朝になってしまいそうなので、ひとまず昨日の出来事などまとめてしまおうと、キーボードをつつきはじめたところです。

だいたい2年くらい前から東堂さんの不定期な通院が頻繁になって、予定のスケジュールが機能しなくなりはじめて、それまでマメに日記代わりに使っていたto-doメモアプリも使い続ける意味が無くなって、しばらくは宗門手帳にメモなど書き込んでいたものの、やはりそればかりだと味気ないし手狭だし、何よりとろけた脳みそのせいで漢字がマトモに思い出せないでイライラするし、そんな諸々の条件が重なって、結局ブログが備忘録代わりに使われるようになって、今に至っています。

そういうことですから、オヤジ周辺の限りなく私的な出来事ばかりをダラダラと書き続けることになるのでとてもつまらないものだと思っているわけですが、それでもマメにおたちよりの皆様もいらっしゃるようで、なんとなく申し訳ない気もして、それでfacebookを始めて、時々そちらの方で軽いネタや情報を流すことにしています。

そうやって、毎日500から1000字程度の文字を書いていると、何となく冷静に1日の反省も出来るような気もして、これからも元気でいる間はこれが習慣になると良いなぁと思っているところです。

文字を書くと云うことを改めて思うと、今の子供たちや若い世代は、私がまだ若かった頃と比べ物にならないほど毎日多くの文字を使い書き続けていると感心します。
私など、いまだに電話というとメールよりしゃべることの方がほとんどで、その方が簡単で手っ取り早いと思っているのですが、末娘のキーポンなど、電話で会話をしているところを見ることがほとんど無いくらい文字で会話をしています。
別居中の子供たちもみんなそうです。
ワイフもよく見ると、時々電話を覗き込んでプチプチメールをしていたりするし、ほんの10年の間に、日本国中へ文字会話文化が急激に浸透していったと感じます。
そんなふうに思って見ると、気のせいか昔に比べたら本屋さんに若い人が増えているような気もします。

もう朝に近い夜中に、そんなことを何気なく考えています。

1月も最終週になった月曜日の石見銀山は、朝から快晴で雲一つありません。
工場での仕事も、ポカポカ暖かくていい気持ち。
休憩がてら薪を裁断していたら、なんと水仙の花を見つけました。
1月で水仙が咲いています。
数年前に気がついてから何時も同じ場所で咲き続けていますが、今年はやたら早い。
過去ブログをふりかえってみると、2月に咲いていたことを珍しがった自分の記事がありました。
このシーズンは、雪が降るとぼた雪だし、晴れの日も多くて結構温かいし、かと思うと、日が暮れてキーポンを迎えに行く道中の温度計は0度。
なんか変な感じです。

・・・おやすみなさい・・・

IMG_0019_20140128042451f2b.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1494-2cc13208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08