FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

2月の彫刻展スタート 

2014/02/01
Sat. 07:19

ハイ!2月になりました!
本日から吉田正純鉄の彫刻展2月バージョンが始まります。

石見銀山に本社のあるアパレルショップ群言堂本店さんの2階スペースを2月いっぱい彫刻展会場で使わせてもらいます。
良いか悪いかは別として、今回の彫刻展は1ヶ月の間に彫刻を随時増やしつつ3回セッティングを代えながら継続させてみようと思っています。
こんな作家の我がままが通用する展覧会場などそう滅多にないので、自分でもこれから先どのような会場になっていくのかとても楽しみです。

もっとも、ジジイに近い山寺の和尚さんがやることですから、最先端の現代美術のようなところまで弾けきることは出来ませんけどね。
それでも、少数精鋭の万善寺お檀家さんに、車で40〜50分かけてわざわざ展覧会を見に来てもらうためには、少しはわかりやすい展覧会にしておかないといけないだろうと、それなりに常識ぶったりしていたりもするわけです。
作家サイドでものを考えると「それがお前の嫌らしい妥協なんだよ!」ともう一人の自分に叱られているわけですが、まぁ世間のおつき合いも、それはそれで大切なことですからね。
それでなくても、「万善寺の若さん(おとしよりのお檀家さんには今だに私を住職と認めてもらえなかったりしているのです)は、方丈さん(すでに現役をリタイヤしている東堂さんのこと)と違って、小難しいことばかりいうとるけぇ」とか、「なんかようわからんもんばっかしつくっとるらしいけぇのぉ〜」とか、あんまり評判がよろしくなかったりするので、お寺にとってな大切で貴重なお檀家さんのこともまじめに考えないといけない立場でもあるし、「わざわざ、油つこぉてとぉくからきたちゅうに、こがぁ〜なわけのわからんもんばっかりみせられてものぉ〜・・寺のこともまともにせんで遊んどるようなことじゃぁいけんがぁ〜、もっとちゃんとせにゃぁ〜、そのうち、だれもあいてにせんよぉ〜なるでぇ〜・・」とか言われてしまうことも十分予想されて、ワクワクしつつも若干ビビっているチキン坊主なのであります。

ようするに、いろいろ吉田なりの世間事情を考慮しつつ、さりげなく2月の展覧会がスタートしたということなのです。
この会場には、群言堂本店に既にある過去の個展で展示した彫刻もあるので、そのあたりと自然にからまって変化いくような彫刻をつくるところからはじめました。
久しぶりに過去の作風や工法を再確認する良い機会でもあったと思います。
そして、現在色々考えながら試作などを続けている習作。
大まかに言うと、二つの方向性と言うかテーマというか、そういうものが一つの会場で展示されているという感じです。

このところ、チビチビつくり溜めておいたパーツを、一気に溶接し続けていたので、私の顔は、エベレスト登頂に成功した登山家のような(えらそ〜〜に・・)風格を漂わせています。
なんか、眉間のあたりの日焼けの具合など、仕事に真剣に取り組む自分がリアルに残っていて、我ながらなかなかのものです。
めずらしく鏡を見ていたら、猫のシロちゃんの狭い額のあたりと共通しているような気がして、ワイフにツーショットを撮ってもらいました。
まぁ、結局は紫外線焼けのオヤジの顔が、歳をとった猫並み程度ということが、判明したばかりのことでした。

IMG_0006_20140201071755a8d.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1498-02cd22c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-07