FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

彫刻展初日の1日 

2014/02/02
Sun. 08:51

2月バージョン彫刻展の初日は、印刷が遅れてしまったポスターをもらいに走って、それで終わってしまった感があります。

せっかく島根県を東方面へ出かけるので、幾つか用事をすませようと思ったことと、現代彫刻小品展の事務的打ち合わせを兼ねようと、ノリちゃんを誘って出発したことが重なったりして、結局、ほぼ半日を使いきってしまったのです。

会場の雰囲気を午前中で整えて掃除などして、ひとまずいつでも来場に絶えられるまでにしておいて、それから石見銀山を出発したのは既にお昼前。
途中でノリちゃんを拾って、約1時間半の道中彼女のいろいろ楽しい話しを聞きながら斐伊川土手を走っていると、気がつくとお昼をずいぶんすぎていて、待ち合わせの周藤さんから「お昼どうしますか?」と電話が入って、それじゃぁ、何処かのお店で待ち合わせしようと話しがまとまって、新しくて奇麗でオシャレなお店で「卵かけご飯定食」なるものを美味しくいただき、その後ポスターを受け取るなどして、彫刻展の事務うちあわせ。
時々コーヒーをいただいたり、世間話など交えてなごやかな雰囲気のミーティングになって、ひごろ引きこもり状態で1日中無口に過ごす吉田としては、久しぶりに饒舌のひと時を過ごしました。
帰りは、同じルートを走るのも味気ないのでルート変更。
石見銀山はとっくに消えた雪が、さすがに中国山地の高地になるとタップリ残っていて、そのようなところをはじめて見るほどのノリちゃんがしきりに感動したりして、オヤジのほうは何かしらウキウキしてしまって、アッチも見せようコッチも見せようなどと思ってしまったりして、それほど遠回りをすることもないまま色々なルートを手繰って日本海沿いの国道まで出ました。
途中でノリちゃんを降ろして、それから会場まで走って、ポスターを貼りはじめた時には、そろそろ日暮れが迫っていて、お客さんが暗い会場でのんびりと彫刻鑑賞などしている最中。
さっそく照明をつけて少しばかり接客していたらそれでタイムアウト。

近所の知人が留守中に見に来てくれていたようで、そのお礼など電話して初日の後処理終了。
なにかと慌ただしいスタートになりましたが、それはそれで久々の充実感です。
さて、本日は出来るだけ会場当番を続けようと思いつつ、朝食を食べ終わったところです。

IMG_0030.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1499-7a6ad5c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-06