FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

ものの価値 

2014/02/16
Sun. 08:03

東京は大変なことになっているようです。
なっちゃんは朝5時に自宅を出て出勤開始。
地下鉄と私鉄を乗り継いで、その後2時間半徒歩で2駅を完歩し、お昼近くになって職場へ到着したら、そこから延々と雪かき。
職場前の雪の山を見たら、「これが東京か?」と疑ってしまうほどの大雪です。
筋肉痛が半端無いと嘆いていました。

いっぽう島根県では、雪も毎年当たり前のように降り続くので、たいした騒動も無く日常生活を送っています。
先日に東堂さんがふらついて壊してしまった障子を1枚寺から持って帰って、工場の作業台が空くのを待って修理をしました。
鉄工は慣れているので、仕事の段取りや工具や消耗品など、問題なく不自由しないのですが、木工となるとまるっきし専門外なので、段取りの動きにやたらと無駄が増えて、思った以上に時間がかかりました。
材料の買い物でホームセンターへ行くのも、2往復までしてしまった始末です。
古いものを古いまま使うと云う事は、本当に骨の折れることです。
たった障子1枚からすでに、改修の手間やら時間やら材料やら、無駄が増えるばかりです。

自分で気がつかない間に、ものの価値や時間の価値が、どんどん変わってきていると云う事がこのような時によく分かります。

島根では当たり前ほどの雪の御陰で、東京の都市機能が混乱して、それでも平常営業を目指して通勤に苦戦するなっちゃん。
慣れない木工仕事で、段取りも掴めないまま無駄にエネルギーを消耗するオヤジ。
場所や内容は違っても、なにか似たような事でドタバタと暮らしているなぁと思ったところです。

ひとまず修理を終わった障子を寺まで運んで、帰宅したらキーポンをピアノ教室まで連れて行って・・・朝に給油した結界君の燃料が、いつの間にか半分にまで減っていました。
さて、一夜明けた本日は、島根の西の端の益田まで行ってきます。
地元高校生の美術展を見るためです。
何とか都合をつけて、最終日に間に合いました。

BgfvCxDIUAAQzHK.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1513-d4325ecc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08