FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

Nさんのこと 

2014/02/21
Fri. 08:08

彫刻の制作も佳境に入って、今日あたりの完成が見えそうな状態です。
1日中工場に閉じこもって彫刻ばかり造っていると、世間との接点も皆無に近いし、会話の相手は家族か猫くらいのものなので、ネタも無くなってしまいそうに思われますが、まぁ毎日それなりにいろいろあります。
備忘録代わりでダラダラと1日の出来事を整理しているだけの事なのに、それでも少しは削除したり割愛したりもしていて、慌ただしいものです。

松江で暮らすNさんが、石見銀山で初個展をすることになって、2月に入ってからその調整に乗り出しているところです。
個展の展覧会場は、石見銀山の町並みのほぼ中程にある古民家を私財を投じて改修された、Nさんの持ち物で・・・なんて、Nさんが続いて紛らわしいことになるので、今回は名字で以降を続けましょう。
松江のNさんは中田さん。
石見銀山のNさんは中村さん。

関東や東の方は、豪雪で孤立集落も出ているようですが、最近の島根県は天候の変化が頻繁で「なんちゃらと春の空」って感じです。
展覧会の準備や取材を兼ねて松江からほぼ1週間に1度くらい中田さんが石見銀山へやってきていますが、彼女はどうやら晴れ女のようで、彼女から連絡があったりする時はだいたいいい天気になります。
最近になってそれに気がついてからは、吉田としては彼女の石見銀山入り大歓迎で、心待ちにしていたりもします。

さて、中田さんとの調整で週末の来訪が決まって、中村さんから鍵をあずかっておくことになりました。
鍵は中村さんの会社にあるので、平日に借りておかないと会場の鍵を開けることが出来ません。
制作の合間に会社へ行って、奥さんと立ち話をしつつ、鍵を貸してもらいました。
「あの家は、主人の思い入れがとても強くて・・前々からこうして若い人に使ってもらえると良いと云っていたので、とても喜んでいますよ」
何て云われると、こちらとしてもいいかげんなことも出来ないし、自分が展覧会でもするような感じで身が引き締まる思いです。

中田さんの個展は3月のお彼岸から始まって、2週間ほど続きます。
ついでに、吉田の3月展も続いている時期で、会場を吉田家のすぐ近所の町並みに移して開催中です。
こちらの方も、ひとつお忘れなく・・

その3月の個展の作品のこともあるし、お彼岸の粗品のこともあるし・・・このところ制作が続いて、3度目のアカギレが割れました。
指に力が入りません。
なかなか歳をとったものです。

IMG_5128.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1518-53bf4060
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05