FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

冬のもどり 

2014/03/06
Thu. 06:26

全国的なのか島根県だけなのかキーポンの高校だけなのかわからないけど、今日3月6日は高校の一般入学試験日。
それで当然キーポンは学校が休みで、友達と誘い合って出雲だか松江だかまで列車に乗ってお出かけです。
ということは、当然オヤジの私が最寄りのJR駅(大田市駅)まで送ることになって、その上お小遣いまでせびられることになって、なんも良いことなどないまま、いつもより2時間も早く起きて、ストーブを点火したり、早めに顔を洗ったりして服も着替えて、キーポンが起床するのを待っているのです。
だいたい学校が休みなのに、学校へ行くより1時間近くも早くに自宅を出発するなど、ジジイに近いニートオヤジにはなかなか理解出来ないことです。

色々重なる時は色々重なって(どぉ〜いうこっちゃ?)いつものペースがことごとく乱れます。
観察するに、だいたい1日の3分の2以上はゴロゴロ好きなところで寝ている猫たちが、残りの3分の1で我がまま放題に狭い吉田家を駆け回り遊び回り、疲れたところでバタリと倒れ込んでそのまま睡眠をむさぼり始めるという、それはそれでそれなりに決まった1日のスケジュールで行動しているようにも見えるのですが、よりによって、いつもより早く起きなければいけないその真夜中に、わざわざ私の足元にクロがやってきてそのまま眠りはじめました。
最近冬太りで5kgは越えているだろう重たい猫が、シュラフにくるまった両足の間に挟まってくるものだから、金縛りにあったように下半身の身動きがとれなくなって、夢うつつにウンウンうなって、それで目が覚めて、早出のきーぽんの事もあるし、まぁなんとも寝苦しいまま朝をむかえました。

このところ彫刻の仕事を休止して、ほぼ1日中書斎に閉じこもって書類作成や書き物などしているのですが、肉体労働の疲れとはまた違った何ともねばっこい疲労感が身体のあちこちに溜まって、それでなのかどうなのか、どうも熟睡出来ないまま朝になってしまいます。
日頃から暇に暮らすニートオヤジごときでも、それはそれなりに毎年この時期は年度末のまとめごとが避けられないので仕方のないことですが、こういう時の自由業は、社会の基本的構造からはじき飛ばされているようにも思えて、なんとなく釈然としないものがあります。
真っ正直に世間の言いつけを守って、素人ながらに慣れない事務処理を義務づけられているものからすると、給料をもらって、それでそのうえにあーだこーだと不平不満をいっている連中の真情の軽さが目立ってきます。
それが俗っぽいというか、世間の器なんでしょうなぁ・・・

昨日から寒くなって、まだまだ冬が居座っているなぁと思っていたら、これからしばらくは冬型が続くとのこと。
青苗滋春雨(せいびょうしゅんうにそだつ)心境はまだもう少し先のことのようです。

IMG_0009_20140306072808f2a.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1531-358f1478
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08