FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

初午さん 

2014/03/10
Mon. 10:21

月曜の朝は雪で始まりました。
部活の早朝練習で早出のはずのキーポンも、学校到着は結局いつも通りの時間になってしまって遅刻常習者です。
言い訳の理由が、天候やオヤジの運転のせいにされてもたまったものじゃないですよ、まったく・・・

さて、今年の初午さんは12日なので、そろそろその準備を始めようと思っています。
檀信徒や万善寺のご近所の皆さんへは、初午さんの謂われなど色々お知らせしているところですが、今時のことなので、なかなか自分の信心や暮らしと上手くかみ合うことが難しくて、それに地域の高齢化も進んでいるし、ご縁日のお参りも年ごとに寂しくなっています。
代替わりのお宅などは、お寺参りの意味などの引き継ぎも無いまま仕事の忙しさを理由に、どんどん仏事から遠ざかっている現状でもあります。
それぞれにそれぞれの事情があったりするので、それはそれでしかたのないことですが、山寺の和尚さんとしてのつとめもありますので、「初午さん」の謂れだけでも知っておいてもらおうと、毎年少しばかりの解説などを交えたお知らせを配って歩いているところです。
せっかくですので、さわりを少々・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜
万善寺では豊川稲荷の分社が御祀りしてあります。
旧暦2月最初の午(うま)の日を御縁日とし檀信徒の皆様をはじめ、地域の祭事としての五穀豊穰、商売繁盛、家門繁栄などを祈念し、祈祷法要をおつとめさせていただきます。
帰元としてはこの日、稲荷の大神が地域の人々に農業を始め、商売やまつりごとの御指導をして下さると言われており、「はつうまもうで」、「福まいり」、「おかげまいり」などと呼ばれ古くからその御陰にあずかろうと初午詣をしたということが古文書などに記されています・・・・
〜〜〜〜〜〜〜〜
といった感じです。
新聞もテレビのニュースもほとんど見ないまま田舎で住み暮らしていますが、このところの日本の情勢不安はやっぱり耳に入ります。
生活が厳しいことにそれほど変わりがないような気もするのに、消費税も上がることが決まってしまったりて、どうも暮らしの見通しがつきにくい世の中になっているような気もします。
初午さんの信心からもわかるように、社会の安定や繁栄は、やはり第1次産業の安定が不可欠と思います。
昔の人は、何よりもそのことを十分にわかっていて、このような初午祭の行事なども日常の暮らしの中で大事に育てていたのだろうと思い当たります。
稲荷の大神さまを宗門では咤枳尼真天《だきにしんてん》さまとしてお参りをさせて頂いています。
咤枳尼真天さまは、とても古くから仏教の神のお一人として登場して、様々な謂れが語り継がれています。
たとえば、初午祭のように1年に一回しか回ってこないご縁日に、咤枳尼真天さまのような強力な神仏に全てを託して、現実のカオスから逃避することも心の清浄を即す良い方法かもしれませんよ。

さて、雪も溶けたし、朝のティータイムを切り上げて、仕事仕事・・・・

IMG_5387.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1535-4c31bb3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08