FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

雪の春彼岸 

2014/03/22
Sat. 01:31

なんと!もう降らないだろうと思っていた雪が春彼岸当日に降りました。
今年の冬シーズンはまったく予測不能です。

予測不能というと、今回のお彼岸のお参りは、ことづけも含めて6軒、法要参列4軒という、過去最低の記録を樹立しました。
その上、時間を間違えたご本人の次期檀家総代さんからお叱りの電話がかかって、私の万善寺経営も破綻しそうです。

坊主は布教活動をすることも大事ですが、1年の節目を粛々とおつとめすることも一方で大事なことですから、参列が少ないからと云って恒例の行事を無くすわけにはいきません。
私はそのように考えて万善寺のお檀家さんとお付き合いしていますが、なかなか真意が伝わっていないようです。
かわいそうなのはワイフです。
自分の仕事や家事をやりくりして、おいしい料理をいっぱい作ってくれて、早朝から夕方まで私に付き合ってくれているのですから、本当にありがたいことで頭が下がります。

檀家さんもこういう状態だし、出来るだけ自分一人で家族に迷惑をかけることも最小限に食い止めて、仏事を切り盛りしていこうと考えています。
お参りが少ないと云うことは、私の住職活動に魅力を感じないという事であり、宗教離れが進んでいるということでもあると思います。
今回のように、お参りが無ければわざわざ毎年同じ仏事のお知らせをすることもいらないわけで、その分時間と経費の節約にもなります。
今は気持ちを切り替えて、自分で自活の道を開拓していこうと思いはじめているところです。

末娘の進路進学の問題が積み残しになっていますが、何とかしてそれを乗り切れば、そして東堂さん夫婦がおさまるところに落ち着けば、今より少しは気楽になれるような気がします。

少し前からの無理がたたって、腰痛と膝痛が我慢の限界を超えました。
今日はこれから野外彫刻の移設が決まっています。
まともに結界君を運転出来るか心配ですが、倒れて寝込んでもいいから、これだけは何とかして乗り切らなければいけません。

IMG_0256.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1547-97d36410
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08