FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

水丸さんスピンオフ 

2014/03/26
Wed. 08:00

水丸さんの訃報を知ったとき、頭の中の何かがエンドレスにぐるぐる回りはじめて、その1日はやらなければいけないこともあるし、それなりに少しずつ仕事も先へ進んでいるのだけど、どうもその様子がどこかしらよそよそしい何とも説明のつけようにないまま夕方になっていたので、焦って提出書類をまとめて市役所まで結界君をすっ飛ばしました。

島根県の現代美術を牽引していると言っても良い、平面の美術家のiさんが、ご自身のFBに水丸さんのことを追悼していて、島根の片田舎で暮らす自分の比較的近所で私と似たように水丸さんを好きだった人がいたと云うことに、どこかしら類友のにおいを感じたりしました。
そのiさんは、どうやら村上春樹さんも同時に好きのようで、これも偶然に訃報の前日か、そのあたりの頃にたまたま「ノルウェーの森」の映画を観ていた私と、何処かしら重なってしまって、こんなことってあるんだなぁと思ったりしました。

その村上春樹さん原作の映画はあまり多くないと思いますが、その中でもダントツに良いなぁと思うし好きなのが「トニー滝谷」
イッセー尾形さんの乾いた感じの淡々とした様子と市川準さんのクールで静的な構造の絵造りがとても印象深かったし、宮沢りえさんのどこか取り付かれたような内的狂気を真綿でくるんだような優しい仕草に漂わせる具合とかがとても深く心に入り込んで、頭の中心の辺りがジンジン痺れるような印象のまま最後まで見入ったように記憶しています。
とても良い映画だったと思います。

村上さんにしても、安西さんにしても、やはり都会で暮らす人なんだなと思います。
私のように湿った空気の中で動植物の匂いを嗅ぎ分けながらまったり暮らしていると、一方で、彼らのようなクールな何かにあこがれがあるのかもしれません。
そんな感じで、しばらくは安西さんや村上さんが自分の周辺に絡み付く日々が続きそうだと思っている今日この頃です。

IMG_0303_20140326080010eda.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1551-b36af8a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08