FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

富山棚田風景 

2014/05/14
Wed. 11:51

1ヶ月に1回の定期通院で東堂さんを病院まで送迎した。
血液検査の結果は良好で、痴呆の進行も良好で(??)特に何も問題がないということだった。
年相応に元気だという事だし、わざわざ「あなたは元気ですよ!」と診察されるために通院しなければいけないのかと釈然としないものもあるし、結局1ヶ月分の薬をもらうためだけに1日潰している事になる。
おかみさんはというと、自分ではシッカリしているつもりでも、90歳近い老人だということをもう少し自覚してほしいと思うが、まったくその気配もなく私をこども扱いにして愚痴をこぼしてばかりいて、それに付き合うのまた疲れる。
あぁ~、なにか虚しい・・・

試験前休日だから図書館で勉強するというキーポンを送って、ついでにアレコレ用事をして、またそのついでにこの前ワークショップでお世話になった富山まで足を伸ばした。
センター長さんが田仕事で出かけているというので、帰りを待ちながらこうしてプチプチキーボードを叩いている。
そう忙しくしているわけでもないのに現代彫刻小品展の事務的なこともあるし、なんとなく気ぜわしい。

富山の谷は田植えの時期を迎えて水のはった棚田がきれいに広がっている。
その向こうには要害山がかわいく鎮座して眺めが良い。
自分の時間が自分の意に反して削られていくことを自覚しながら暇を潰すという事はなによりも精神的に萎えて虚しいこともあるが、こうして春の風景につつまれているとそれも癒される。

なんとなくボォ〜っと暇をつぶしていたら「センター長さんがお帰りですよぉ〜」と、事務のおねえさんが教えてくれた。
さぁ、ちょっとお話してきましょうかねぇ・・・

IMG_1060.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1600-605836c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05