FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

デビュー 

2014/05/23
Fri. 10:31

グランドゴルフデビューをはたした。
公民館分館長の職にある身としては、自治会の代表として選手団を応援することも大切だから、1年1回の地区対抗グランドゴルフ大会に急きょ駆けつけることにした。
待ち合わせ場所の自治会館へ到着すると、今年の体育部長から「急な欠席がありまして、監督兼選手ということで・・」と軽く当然のように無茶ブリされてしまった。
それで、グランドゴルフデビューとなったわけです。

夜間照明のついた会場の町営球場いっぱいにポールと旗が立っていて、全部で8コースを2回まわった。
グループ競技だから自分だけノンビリと時間を無駄に使うことも出来ないし、結構距離もあったりして、歩いたり走ったりなかなか忙しい競技だった。
なにぶんはじめてのことなのでコツも掴めないままビリヤード球のような丸い球をコツコツ叩きながら燭台のようなポールの足下のワッカへ球を入れる。
フレームを潜らせるのが難しくて最後の最後で失敗を重ねてしまってメンバーの足を引っ張ってばかりいた。

競技時間約2時間半で終了した時は、腰は痛いわ、ふくらはぎは痙攣するわ、健康スポーツどころではない。
「これだから身体を動かすことはイヤなんだ」と心で思いつつ顔は笑っておいた。
帰りの車では足の甲まで痙攣が広がって、会館へ着いて慰労会の分館長挨拶の時は肩から腕のあたりまで痙攣しはじめて、もう大変だった。
それでも金麦の喉ごしは最高で、疲労が一気に回復したように感じた。

本当は寺に帰ってゆっくりと布団で寝りたかったが、例の如くギリギリまで石見銀山の自宅の書斎にこもっていたので、夜遅くなるとの連絡も入れなかったし、なにより老夫婦の日常の暮らしのルールを乱すことも忍びないので、おとなしく車中泊をした。
そんなことはよくあることなので、かわいい結界君には梱包材変わりの布団やモーフも積んであるし、い草の枕や座布団も常備してあるし、冬用のシュラフも小さくたたんでコンテナに入れてあるから、結構快適に眠れる。
窓から空を見上げると降ってくるほどの星空が広がっていて、石見銀山の谷底から見る狭い空とはまた違った趣がある。

まだ日の出前から周囲がしだいに明るくなりはじめ、つばめやすずめやせきれいなどが一斉に鳴きはじめ、カラスまで騒ぎはじめて自然に起こされた感じで目覚めた。
もう空にあるはずの星々は見えなくなっていて、赤名高原の山並みが濃いブルーグレーのシルエットになっている。
朝の早い近所のお百姓さんが活動する前に寺のお地蔵さん横に停めておいた結界君を出発させて石見銀山へ帰宅した。
ワイフが気を利かせてくれたのだろう、鍵のかかっていない玄関引き戸を少し開けたら猫のクロが覗いていた。
お出迎えというより・・・あぶないあぶない・・・気を許したスキに脱走するところだった。

IMG_1117.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1609-838501ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08