FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

久々の松江 

2014/05/27
Tue. 07:55

都合よくいつもより30分ほど早くキーポンを起こすことが出来て、そのおかげで早出のワイフが学校まで送ってくれることになったから、今朝はとてもゆっくり出来ている。
だいたいこの時間帯は家にいないからネコチャンズが何をして過ごしているかよくわからなかったが、結局は早朝に早起きをしてワイフに朝ご飯を催促して、満腹になってしばらく追いかけっこなどして戯れて、落ち着いたところでそれぞれ自分の好きな場所で寝はじめている。
何とも優雅でノンビリした暮らしをしていてうらやましくなる。

予定通り島根大学の彫刻研究室へ行ってきた。
教育学部の玄関を入ると、楠の良い香りが漂ってきて気持ちが良い。
先生の藤田さんはまだ若くて勢いもあるし、これからが楽しみな人だと思っている。
いつまでも島根大学に腰を据えて落ち着いてほしいと思っているが、本人の考えもあるしこればかりは何ともいえない。
現代彫刻小品展のワークショップで昨年からお手伝いをしてもらいはじめた。
とても丁寧に内容を組み立ててもらって心強い。
学生さんもこういう人についていけて幸せだと思う。

地方の総合大学は、だいたい一つの専攻教科に先生が一人ということが多いから、学生さんも自分の決めた専攻の先生を好きになれなかったり性格が合わなかったりすると、学校生活が一気に苦痛になってしまう。
受験の時には、研究室の先生が良いか悪いかで学校を選んだりしていないから、入学してはじめて「こんなはずじゃなかった・・」とガッカリすることもよくあることだと思う。
私はどうも苦手な先生が何人かいた。
昨年の学生さんは展覧会に自分の力作を出品してくれた。
今年はどうだろうと思いつつさりげなく聞いてみたら、なんとも曖昧な返事が返ってきた。
まぁ、そんな感じで世間話もまじえながらひと通りの打ち合わせをしておいとました。

松江へ出かけるのも久々だった。
宍道湖を見るのも久々だった。
途中まで結構激しいどしゃ降りが続いていたのに松江の辺りは晴れていて、やはり島根県は東西に長い県だと改めて思った。
このところ書斎に引きこもることが続いていたから、なんとなく気持ちも華やいだ。
特に変わったこともない1日だったが良い気分転換になった。

たまにはこんな日もなくっちゃね・・

IMG_1154_20140527085619f9f.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1613-06a36554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08