FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

ありがとう 

2014/06/13
Fri. 08:49

いいかげんなデザインと、トンボも当てていないPDF。
原稿制作は、アドビの使い方も知らないままほとんど無料アプリの使い倒し。
紙の指定もお任せの上に、まともに校正もしない。
「チョット文字が見えにくいんですが、これでいいですか?」
ひどい時は逆に校正してもらって、
「すみませんねぇ〜、じゃぁ原稿直してみます・・・」
そんな感じでドタバタの印刷を、イヤな顔もしないで(って、実は電話の向こうで苦いムシを噛んでいるかもしれないけど・・)引き受けていただいているいつもの印刷屋さんのおかげで、思った以上の良い反応が返っていてビックリ!
さて、その印刷とは・・・「現代彫刻小品展ナンチャッテ作品集」

そもそも、去年の展覧会が終わって、半年もダラダラと印刷原稿を引っ張っているのだから、我ながら気の長いことだとあきれてしまう。
ワイフなど、書斎にこもって何やらプチプチクリクリやっているオヤジを、あたらずさわらず見て見ぬふり。
まがりなりにも大切で重要な仕事中はネコチャンズを書斎から締め出して集中しなければいけないと思いつつ、自分で勝手にガラス戸を開けて進入するクロを叱ることも出来ないで、逆に気晴らしで遊んでもらったりすることもシバシバ・・・
これといって忙しい日常が続いているわけでもないので、途中で挫折することもなく原稿制作を続けられたようなもの。
それでも、度々行き詰まるようなことがあって、その筋の各所に相談したりして協力をいただきながらナンチャッテ作品集が完成したのであります。

この度やっとA4サイズの入る大きな封筒を印刷屋さんに用意してもらって、浜田での現代彫刻小品展開催チラシと一緒に発送することが出来た。
そして、島根でコツコツ制作に励むSさんから最初の電話を頂いた。なにかとても喜んでもらえたようでうれしかたなぁ・・
浜田の会場では縁の下で支えていただいているiさんから電話でお褒めのことばを頂いた。
「ありがとうございます」の言葉がおもわず出た。
第1回展に出品をいただいたMさんから礼のメールが届いて、「もう着いたのか!」と最近の郵便事情にビックリした。
九州や四国からも早速メールを頂いた。

このところ、メールの返信などだんだんサボりがちだったのを反省した。
気がつけば、「すみませんね・・」とか「ごめんなさいね・・」とかばかりで、なかなかすなおに「ありがとう」と言えていないと気がついた。
意味としては似たようなものだと思って使っていることも多いけど、やはり、相手の受け取り方が湿っぽくなってしまう気もする。
あぁ〜、「ありがとう」かぁ〜・・・最近あんまり使っていなかったなぁ・・
反省反省・・

IMG_1229_2014061308482300d.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1630-aff591c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05